日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年12月3日]

中山に合わせ万全調整


土曜中山10R
舞浜特別
チュウワベイビー
ひと叩きで前進必至
チュウワベイビーは前走、久々の分が響き8着大敗だったが、ひと叩きされた今回は上積みが見込めるだけに巻き返しに期待できる。管理する栗田徹師も「前走はらしさが出せずに直線で伸びを欠いてしまった。ただ1回使った今回は同じようにいかないよ」と不敵な笑みを浮かべ、巻き返しに自信を持っている様子。

元々現級勝ちの実績のある馬で、今回はその時と全く同じ舞台。適正、能力ともにここでやれるだけの力があるのは確かで今回も主役を張るチャンスは十分。指揮官も「得意舞台なら一発あるよ」と強い意気込みを見せている。



日曜中山9R
霞ヶ浦特別
リッカルド
中山に合わせ万全調整
待ちに待った得意の中山開催に照準を合わせてきたリッカルドが格好の狙い目。2ヶ月にも渡って開催された東京開催には目も向けず、中山開催開幕週にここに合わせて調整してきた。黒岩師は「間隔は空いたがその分リフレッシュもできたし、何よりここを目標にしっかりと仕上げることができたよ」とニンマリ。

今回は1000万クラスでの臨戦となるが上のクラスでも好走していた実績のある同馬だけにここはあくまでも通過点。しかも中山ダートは8戦して[2-3-2-1]の好成績となれば指揮官が「今回も勝ち負けになるはず」と自信たっぷりなのも頷ける。ここは素直に最上位評価といきたい。



日曜中山10R
市川S
マイネルメリエンダ
勝ち切れるかが焦点
管理する和田郎師が「今回も大崩れはない」と言い切るほど、近走の安定感は抜群のマイネルメリエンダ。戦績を見てもオープンから降級後の3戦はいずれも3着好走。また前走に関してはハンデ戦でトップハンデとなる57.5キロを背負わされながらも好走できたのは収穫で今回の定量戦は相対的に有利に働く可能性が高い。

またここにきて折り合い面に進境を見せているのも大きく、テキは「折り合いがつくようになったおかげで堅実に走るようになったね」と愛馬の成長ぶりに目を細める。とは言え、重賞でも3着のある馬だけに準オープンでの好走程度では満足できないのは確か。この辺りで勝ち切り、再びオープン昇級を決めたいところだ。



日曜中山11R
アクアラインS
キタサンミカヅキ
年内13戦目も疲れなし
今回の臨戦で今年13戦目となるキタサンミカヅキだが、これだけ使えるのも状態が良いからに他ならない。担当している大下内助手も「疲れがなくいい状態を維持できていますよ」と体調面に不安がないことを強調。

以前まではムラ駆けの面もあったが年を重ねるにつれて精神的な落ち着きが出てきたようで「それが安定感に繋がっているのだと思います」とは大下内助手。今回も得意の中山コースなら好戦は必至で勝ち切る場面も十分に期待できる。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧