日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2015年12月17日]

復調気配の実力馬


土曜中山9R
ひいらぎ賞
アーバンキッド
条件好転で連勝
ドスローだった新馬戦は勝ち時計こそ平凡も内容は見どころタップリ。仕掛けられてからの伸びは抜群で上がり勝負の中で最後まで良い脚を見せられたのは好印象。担当する押野助手も「追ってからの伸びがよく、良い勝ち方だった」と合格点のジャッジ。

その後、外傷のために少し間隔を空けたが、その分ここを目標にシッカリと仕上げてきたとのこと。押野助手は「元々、切れるというよりも長く良い脚を使う馬なので中山向きと見ていた。ひと息入れたことで中山のここを目標にしてきて調整は上手くいった」と胸の内を吐露。ここは連勝に期待したい。



土曜中山11R
ターコイズS
カフェブリリアント
充実一途で安定感
5歳を迎えた今年は安定した力をつけてきたカフェブリリアントを狙う。今春の阪神牝馬Sではウリウリ、スマートレイアーなど並み居る強豪牝馬を破って初重賞勝ち。その後のGIヴィクトリアマイルでも5着に入り、一気に存在感を増してきた。当社分析班も「今の牝馬マイル路線なら間違いなくトップレベルにある」と解析する。

また3着に敗れた前走の府中牝馬Sでも位置取りを悪くしたのが響いた格好。むしろそこから盛り返してきていることに今の充実ぶりを感じさせる。少々折り合いに難のあるタイプだけに、距離短縮は間違いなくプラスで、スピード勝負になりやすい中山はプラスに働く可能性十分。ここは重賞2勝目に期待をしたい。



日曜中山10R
クリスマスC
ペイシャフェリス
地力の高さで勝機十分
芝スプリントのハンデ戦だけに人気割れが濃厚の一戦だが、トップハンデを背負うペイシャフェリスの地力の高さに期待。前走の市川Sは指揮官の高市師が「惜しいレースだった」と振り返るようにその差は僅か。準オープンでは地力上位であることを証明してくれた。

カギを握るのは距離短縮となるスプリント戦への対応だが、指揮官は「何も問題ない」と自信有りげな表情。さらに「間隔は詰まっているが状態は良いし、距離も十分にやれる」とも続けており、チャンスは十分との見解を示している。



日曜中山11R
ディセンバーS
スーパームーン
復調気配の実力馬
ジャパンCを除外になってここに回ってきたスーパームーンに注目。元々は重賞やオープン特別での3着経験がある実力馬だが、今年6月の英国遠征後は立ち直りに手間取っていた。しかし前走のアルゼンチン共和国杯で復調気配。強敵相手に先行態勢からしぶとく粘って5着健闘はそれまでの同馬らしいパフォーマンス。

今回は相手弱化となるオープン特別。ほとんどの馬が近走不振の陥っているメンバー構成となっているだけにこのメンツなら勝機は十分。当社分析班も「中山実績はあまりないが、器用さを持っている馬で中山との相性は良いはず」と分析面からプッシュしている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧