日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年03月19日]

僚馬を来週に回して


日曜中山11R
スプリングS
ウインマーレライ
僚馬を来週に回して
スプリングSに管理馬2頭を登録している高木厩舎は、マイネルフロストを次週の毎日杯に回して、今週はウインマーレライ1頭で臨む事になった。前走の京成杯は12着に惨敗したが、スタートを出して行ったら掛かって折り合いを欠いたのが響いたもの。高木師は「テンションを上げないように今回はメンコを着ける予定。乗り難しさがある馬で、今回も折り合いがカギになる。今の中山の馬場だと後ろからの競馬では厳しい。だからと言ってテンから出して行くと掛かってしまう。力はある馬なので、上手く流れに乗って欲しい」と、しきりに折り合いを心配していた。



金曜中山11R
フラワーC
クリスマス
初戦から勝負態勢
金曜中山のメイン、フラワーCは、阪神JF4着以来3ヶ月振りの出走になるクリスマスが初戦から勝負態勢だ。このレースの結果次第では桜花賞を使わず皐月賞挑戦のプランがあり、斉藤誠師は「初戦から勝負するつもりで、キッチリと作ってきた。怖がりで横に馬がいると逃げたりするので、中間は意識して馬混みに入れて調教してきた。トライアルの結果を見ても阪神JF組みは強いし、そこで4着に来たのはダテではないと思う。前哨戦という気持ちではなく、ここが勝負なので、キッチリと結果を出したい」と語っていた。



土曜中京11R
ファルコンS
ショウナンアチーヴ
幼児が不良になった
朝日杯FS2着のショウナンアチーヴが、土曜中京のメイン、ファルコンSで3ヶ月振りに復帰する。昨年のインパルスヒーローに続いて連覇を目指す国枝師は「幼児体型だったけど、休ませて少しは大人になった気がする。人懐っこい顔が、最近は不良っぽくなってきたよ」とジョーク交じりに成長ぶりを語っていた。19日の追い切りに騎乗した後藤浩騎手も「休み明けでも順調に乗り込み態勢は整った。中京の1400mは東京の1400mと似たようなコース形態で、この馬には合った条件だと思う。コントロールもしやすくなったので、初戦から期待したい」と好感触を口にしていた。



金曜中山10R
下総S
ハコダテナイト
一発大駆けを狙う!
金曜中山10Rの下総Sは定量戦からハンデ戦に替わって好調ハコダテナイトの一発大駆けがありそうだ。佐藤助手は「リフレッシュ放牧明けだが、疲れが抜けていい感じでトレセンに戻ってきた。昇級後の3戦を安定して走っているように、一戦ごとに末脚に切れを増して馬が強くなっている。東京よりも、中山の方がこの馬の脚質には合っており競馬はしやすい。55キロのハンデは恵まれた印象で、前が流れてくれれば直線一気に突き抜けても不思議はないですよ」と一発を狙う口ぶり。



うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧