日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年04月03日]

5→3とくれば…!

日曜中山11R
ダービー卿CT
ダイワファルコン
5→3とくれば…!
中山コース5勝の実績を誇るダイワファルコンが、ダービー卿CTに3年連続で出走する。一昨年は5着、昨年は3着と惜しいレースが続いているが、休み明けを叩かれての上積みは大きく、陣営は「昨年以上の成績を」と大きな期待を寄せている。上原師は「前走の中山記念はG2とは思えないほどメンバーが強かった。休み明けで状態がひと息だったし、展開も向かなかったので12着惨敗も仕方がない。1度使って調教の動きは見違えるように素軽くなった。G3で対戦対手もだいぶ楽になってので、58キロのトップハンデでも勝機は十分」と雪辱に燃えていた。



土曜阪神10R
仲春特別
ロードエフォール
距離と相手を考えて
中山の安房特別と、阪神の仲春特別にダブル登録していたロードエフォールは、距離適性と相手関係を吟味した上で、今週は阪神に遠征する事になった。菊川師は「阪神は初めてになるけど、2000mがベストの馬なので遠征を決めた。中山に比べて少頭数なのもいいし、芝状態も阪神の方が合っている。前走は久々で少し太かったぶん終いの伸びを欠いたが、ひと叩きして体はスッキリと絞れてきた。現級は勝つ力があり、池添騎手が上手に乗ってくれれば楽しみ」と語っていた。



土曜中山11R
船橋S
サニーヘイロー
137万馬券の使者
前走、中京のトリトンSを14番人気で3着に食い込み、3連単137万馬券の片棒を担いだサニーヘイローが、土曜中山のメイン船橋Sで再度の大駆けを狙っている。谷原師は「馬込みを怖がるので成績にムラがあるけど、力を出し切ればあれくらいはやれる馬なんだ。前走は外枠で終始もまれる事がなく、スムーズな競馬ができたのが良かった。速い持ち時計がない馬なので、今の中山の荒れ馬場はプラス。今回も外枠を引いて、もまれない競馬ができれば、穴っぽい馬だと思うよ」と一発を狙う口ぶりだった。



土曜中山9R
山吹賞
ゴールドアクター
夢は捨てていない!
「まだダービー出走の夢は捨てていない。ココはキッチリ決めたいね」と語っていたのは土曜中山9Rの山吹賞に出走するゴールドアクターの中川師。距離を延ばしてから素質が開花し、2走前に未勝利勝ちすると、昇級戦の前走でも2着に頑張った。中川師は「前走は18キロも馬体が減っていて本調子ではなかったが、その割にはよく走っている。イライラする馬なので、今回も当日の気配がカギになるが、前走以上に減らなければ大丈夫。中山2200m戦は未勝利勝ちの実績があり、距離、コース適性ともにピッタリ」と2勝目に意欲を見せていた。



土曜中山10R
安房特別
アイスフォーリス
荒れ馬場◎道悪×!?
「走るかどうかはお天気次第」と開き直っていたのは土曜中山10Rの安房特別にアイスフォーリスを使う相沢師。前走の潮来特別は2番人気で4着に敗れたが、ヤヤ重馬場に脚を取られてかなりのめっていたそうだ。相沢師は「ステイゴールド産駒だから道悪は上手だと思ったが、この馬は違ったね。理想は時計のかかる良馬場で、雨さえ降らなければ今の中山の荒れ馬場はいい。週末の天気予報は微妙だけど、ここを勝って福島牝馬Sに使いたいので、土曜は何とか晴れて欲しい」と気をもんでいた。



日曜中山9R
千葉日報杯
フレイムヘイロー
以前は牝馬を見ると
日曜中山9Rの千葉日報杯は、去勢手術で馬っ気の強さが解消されたフレイムヘイローの一発が不気味だ。以前は牝馬を見ると調教が出来ないほど馬っ気が強かったが、昨年末に去勢手術を受けてか別馬のようにおとなしくなった。前走は早速その効果が出て、人気薄ながら4着に好走した。蛯名師は「以前の手術は全身麻酔だったが、今は局部麻酔なので手術後のダメージは少なく、回復は早かった。競馬に集中できるようになったのは何よりだし、今の時計のかかる馬場もウチの馬には有利。叩き2戦目なら前走以上にやれると思う」と明るい見通しを立てていた。



うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧