日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年7月13日]

ベストの舞台で期待高まる


土曜福島10R
信夫山特別
ネイチャーレット
重ハンデでも問題なし
57キロのトップハンデでも実績上位のネイチャーレットの首位が有望だ。昨秋、強敵相手のセントライト記念でコンマ4秒差の4着に健闘した実績が光っている。今回は1000万に降級しての1戦で、対戦相手は一気に楽になった。

根本師は「降級戦を待って仕上がりは上々。福島にも良績があり、ハンデは重くてもキッチリ結果を残したい」と話している。厩舎としてもまだ上の舞台を狙っている馬で、ここは一発でクリアしたいところだ。



土曜福島11R
安達太良S
コスモカナディアン
降級戦なら力は上の存在
オープンから2段階降級となるダイワドレッサーで首位は不動。ずばりここは2着争いが焦点の1戦と見る。福島ではラジオNIKKEI賞2着、福島記念3着と重賞でも上位入線を果たしている実績を持ち、1000万に下がってしまえば力は一枚、いや二枚は抜けているだろう。

管理する鹿戸雄師は「放牧明けでも2週続けて北村宏が乗ってしっかりと追ったので仕上がりは順調。普通に走ればチャンスかな」と余裕綽々といった様子。スムーズな再発進となる公算大。



日曜福島9R
種市特別
セイウングロリアス
大きな馬体減の真相
未勝利戦以来の2勝目を狙うセイウングロリアスに注目。なんでも、2走前のジュニアCの時には意識的に体を太らせてみたが結果が出なかったため、休み明けの前走は体を絞って出走させてみた、ということ。その結果が3着好走であった。

これを受けて「前走はマイナス18キロと大幅な馬体減だったが、それで問題ないと思う」と武市師は話しており、今回も同じような体重で出走してくる見込み。「休み明けを使った反動もないので今回も上位争いを期待している」と、その表情は明るい。



日曜福島11R
バーデンバーデンC
コスモドーム
ベストの舞台で期待高まる
全5勝を記録しているベストの1200M戦に替わって、コスモドームが狙い目だ。ここ2戦は1ハロン長い1400M戦でも入着を果たしているように、ここにきて安定した力をつけてきた。

管理する金成師によれば「休みなく使っているけど、体調の変動が少ない馬で今回もいい状態を維持出来ている」と、状態面に関しても安定しているという事。「勝ちきるには展開の助けが欲しいが、福島コースは合うと思うので好レースに期待したい」と語っている。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典10月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧