日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2017年8月10日]

このクラスなら力が上


土曜新潟9R
糸魚川特別
ラブリーアモン
好走の兆しが見えた!
成績にムラがあって安定性には欠けるラブリーアモンだが、厩舎に言わせてみれば、そのバイオリズムを簡単に把握できる1つの指標があるという。それが「追い切りで動いた時はレースでも好走する」という特徴。調教と実戦が完全にリンクするタイプの競走馬だという話だ。

管理する谷原師は「今週はウッドで52秒3の好時計が出たように、久々にいい動きを見せることが出来た。ひと息入れて絶好の状態に仕上がったし、500万なら力が上なはず」と強気の姿勢。好走の予感漂う好仕上がりの今回が馬券の買いのタイミングとなるだろう。



土曜新潟10R
三面川特別
ブルックデイル
叩き2走目で前進は必至
ブルックデイルの前走は勝ち馬からコンマ7秒差の5着であったが、当時は骨折明けで万全の状態ではなかったという話。それを踏まえると「よく頑張っていたと言える」というのが管理する高橋裕師のジャッジで、1度使って状態が確実に上向いている今回は、前進必至と言えるだろう。

「入念にゲート練習を積んだ効果でスタートも改善されてきた。素質的にはもっと上を目指せる馬で、叩き2戦目の今回は好レースを期待している」というのが師の期待がこもった言葉。当地新潟では3歳時に2着があり、当時と同じ外回り戦で馬券圏内突入に期待のかかる1戦だ。



土曜新潟11R
新潟日報賞
アポロノシンザン
距離延長はプラス材料
準オープンへの昇級戦であった前走は久々の1200M戦でも楽にハナを切れたように、スピードはこのクラスでも上位のものを持っているアポロノシンザン。ただし、管理する鈴木伸師は「現状は1400M戦がベストなので、今回の1ハロンの距離延長はプラス材料」と語っており、こと距離という点では前走からの条件好転と言える。

前走がハナに行く形で、今回が距離延長となれば自ずと道中のポジションは前に寄りそうなところではあるが「ハナにはこだわらず、他に行く馬がいれば控えても大丈夫。自分のリズムで気分良く走れれば前走以上にやれると思う」と師は語っている。



日曜新潟10R
豊栄特別
アルジャンテ
このクラスなら力が上
これが降級2戦目のアルジャンテに注目。前走は時計が速すぎた上に、直線で進路が狭くなる不利もあって3着に敗れたが、レースの内容は決して悪かったとは言えないもの。2週連続で横山典騎手が追い切りに乗って感触を確かめるなど陣営は巻き返しに意欲的と言える調整が積まれている。

管理する尾関師が「左回りの1400M戦はベスト条件で、改めて期待」と語っている通り、この新潟1400Mというコース設定は本馬にとって願ってもない好条件と言える。本来の走りが出来れば、このクラスでは力が上だ。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典9月号(好評発売中!!)

コンテンツ一覧