日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2018年1月11日]

勝ってクラシックへ


土曜中山11R
ジャニュアリーS
ベストマッチョ
距離2回目で前進を
除外続きで出走が延びたが、最近では1番と言えるデキに仕上がったベストマッチョが狙い目だ。前走のオータムリーフSは初めての1200M戦で前半はダッシュがつかなかったが、直線はメンバー中最速の上がり34秒8という脚を使って追い込み。距離2度目の今回はもう少し前目につけられそうだ。

手塚師は「スムーズな競馬が出来れば能力的にもチャンスは十分」と期待を寄せている。元はと言えば、オープンまでほぼノンストップで登り詰めてきたほどの実力馬。距離に慣れてポジションを取る事が出来れば、勝ち負けに持ち込める可能性十分。



日曜中山9R
初春S
レレマーマ
前走の時計は重賞級
前走の勝ちっぷりが鮮やかだったレレマーマの連勝に期待する。好位2番手につけ、直線では楽に抜け出して2着に3馬身半差をつける圧勝だった。勝ち時計の1分10秒8は1週前のカペラSよりもコンマ2秒速く、準オープンに昇級しても力は即通用する。

国枝師は「中山1200Mの舞台が合っている。内にモタれるので片側だけにブリンカーをつけた効果も大きかったのでは。昇級でも勝ち負けになると思う」と語っている。今回はメンバー構成的にもハイペース必至と言えるもの。前傾戦に強い本馬にとってはお誂え向きの展開になるのではないだろうか。勝ち負けの期待ができる。



日曜中山10R
ニューイヤーS
ダノンプラチナ
OP特別ならば決める!
ダノンプラチナの前走は取り消し後の1戦で、脚元を考慮しての調整。強い負荷がかけられず「まだ状態が本物ではなかったかな」との声も上がっている。

しかし今回はウッドでしっかり乗り込んできた事もあり「前回よりもいい状態で出せる」と国枝師が胸を張る仕上がり。この馬に対する期待の大きさもあって「本当に良かった頃と比べるとまだひと息の気もするけど……」との前置きもあったが「オープン特別なら決めないと」とその言葉は相当に強気。復活のVを期待したい。



日曜中山11R
京成杯(G3)
ジェネラーレウーノ
勝ってクラシックへ
今回と同舞台の中山2000M戦で前走の葉牡丹賞を勝ったジェネラーレウーノを狙う。道中は物見をして集中力を欠きながらも、後続の追撃を振り切っての逃げ切りを果たした。まだ気性面は幼いが、それでも勝ち切るのだから能力が高いことは確か。

管理する矢野師は「今回はチークをつけてみる。最後まで集中して走れれば楽しみ」と話している。ここを勝てば当然クラシック路線が視野に入ってくるという事もあり、厩舎のトーンはかなり高まっている状況。


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

うまスク SNS

ギャンブル宝典1月号(好評発売中!!)

境和樹 Twitter

コンテンツ一覧