日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年1月31日]

100%の東京で一変


土曜東京9R
春菜賞
ココフィーユ
師「ここは決めて欲しい」
2ヶ月ぶりの実戦となるココフィーユ。使い込んでテンションが高くなってきたことでひと息入れたが、立て直しに成功したようで担当も「うまくリフレッシュできて、いい感じに仕上がっているよ」とデキに太鼓判。

前3走で東京を使っているように、ここも東京を狙っての復帰戦。斎藤誠師も「京王杯2歳Sで好走の実績があるように芝1400Mはベストの距離。速い上がりタイムを持っているし、どんな競馬でもできる馬。牝馬限定のここはキッチリと決めて欲しい」と2勝目へ全力投球だ



土曜東京10R
箱根特別
ルヴォワール
初勝利はこの馬で!
長期休養があって5歳にしてまだキャリア5戦のルヴォワールだが、周囲の評価は「素質は断然」。前走の精進湖特別は、道中の位置取りの差で3着もタイム差はコンマ1秒で、昇級初戦を考えれば合格点。

ましてや負けた相手がブレステイキング、ダノンキングダムという牡馬の強豪。この敗戦で評価は全く下がらない。矢嶋助手も「順調に使い込めれば、もっと上を目指せる馬。距離延長は問題ないし、仕上がりも順調。ウチの厩舎はまだ今年未勝利なので、この馬でぜひ初勝利を飾りたい」とキッパリ。



土曜東京11R
節分S
リカビトス
OP予備軍が順当に
準オープンへ再昇級した前走のユートピアSで2着に好走したリカビトス。ゴール前の叩き合いでクビ差だけ競り負けたが、上がりはメンバー中、最速の3F33秒1。文字通り負けて強しと言える競馬で、早くもクラスにメド。

もちろん今回は同条件を狙っての復帰戦で、奥村武師も「東京のマイル戦を使うようになってから成績がすっかり安定した。体が減らなくなり、ビシビシ調教を詰めるようになったのも大きいよ」を愛馬の成長に確かな手応え。もともとデビューから無傷の3連勝を決め、格上挑戦の愛知杯でも4着したオープン予備軍。クラス2戦目のここは順当にチャンス。



日曜東京10R
銀蹄S
イーグルバローズ
100%の東京で一変
2戦2勝と勝率100%の東京コースに替わってイーグルバローズを見直す。前走の初春Sはまさかの6着に敗れたが、スタートで出遅れて位置取りが悪くなったのが痛恨。しかも舞台は小回り中山の1200M。流れに乗り損ねてしまい全く力を発揮できずに終わる不完全燃焼の競馬となってしまった。

もちろん今回は陣営も巻き返しに意欲満々で、森助手は「引き続きデキはいいです。力通りなら今度こそですよ」とキッパリ。前走時のルメール騎手も「使った次はチャンス」と話しており、ベストの東京で一変の走りが期待できそうだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧