日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年3月14日]

ポテンシャルは重賞級


土曜中山10R
韓国馬事会杯
ゴライアス
素質馬が待望の本格化
いままで素質だけで走っていたが、ようやく体力が追いつき「本格化してきた」と関係者が強調するゴライアスのもう一丁を狙う。ダートは7戦して[3.1.3.0]と全く底を見せておらず、前走の初茜賞は初めてハナを切っての押し切り。

直線は追い通しだったが、レース後のマフィー騎手によると「フワッとしたので気を抜かないように追った」ためで、見た目以上に余力があったという話。2着とは1馬身差でもその着差以上に強い競馬だったということで、高木登師も「ここに来て状態も上向いているし、昇級でも勝ち負けを期待したい」と連勝へ手応え十分。



土曜中山11R
フラワーC
コントラチェック
また牝馬の有力馬が誕生
前走の菜の花賞を圧勝したコントラチェックに初重賞制覇のチャンス到来。その前走はフェアリーSを除外され、2週スライドとスケジュールが狂う誤算があったが、レースはスタートを決めてハナに立つと、前半4F46秒1のハイペースで引っ張りながら、後半も47秒7-35秒5とスピードでまとめ、中山マイル1分33秒8の好時計で楽々と逃げ切り。

しかも逃げて上がりはメンバー中、2番目の速さで、これでは2着が3馬身離されたのも当然。藤沢和師も「さすが良血だけあって、いいスピードがあるね。コントロールが利くので、1800Mに距離が延びても大丈夫」と期待十分。グランアレグリア、シェーングランツと3歳牝馬の重賞馬を管理する藤沢和厩舎に、また1頭、3歳牝馬の有力馬が誕生しそうだ。


[PR]馬券のプロが相手を絞った【高松宮記念・3連複10点勝負】で回収率を上げろ!!



日曜中山10R
千葉S
クイーンズテソーロ
2戦目で反撃
前走でオープンでも通用のメドを立てたクイーンズテソーロに注目。その前走・ジャニュアリーSは、前半3F33秒0で流れ、差し・追い込み勢が掲示板を占めるハイペース。それを好位3番手から早めに前を捕えに行く強気の競馬ではさすがにキツかったが、それでも4着に粘ったのは力をつけた証拠。

畠山吉師も「先行して上位に入ったのはウチの馬だけ。厳しい展開を考えれば、十分に評価できる内容だった。もう少し落ち着いた流れになればチャンス」とキッパリ。木幡巧騎手ももう少し我慢していればと振り返っており、今度は流れに乗った競馬をするはず。ハンデも据え置きの53キロでクラス2戦目なら反撃態勢は整った。



日曜中山11R
スプリングS
シークレットラン
ポテンシャルは重賞級
前走の京成杯は4着に敗れたシークレットランをいま一度狙う。使うたびに馬体重が増えているように今が成長期だが、それにしても前走のプラス12キロは少し太く「勝負どころで反応が鈍かったのは、そのあたりが影響したかも…」と関係者。

その前走を糧に中間は併せ馬でハードに追われ、高木助手は「体がだいぶ引き締まってきた」と上積みを強調。土曜は雨予報で日曜は少し時計が掛かりそうだが、田村師は「体幹がしっかりしている馬だから、かえっていいと思う」と歓迎ムード。2歳レコードでハイレベルの葉牡丹賞を制した重賞級のポテンシャルに改めて注目したい。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧