日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年8月15日]

今回は陣営に策あり


土曜新潟9R
新発田城特別
エスタジ
秘密兵器の効果絶大
前走の未勝利勝ちが圧巻の内容だったエスタジの連勝を狙う。スタートを決めてハナに立つと、あとは全くの一人旅。ゴールでは2着に6馬身差をつける楽勝だった。6戦目で待望の初勝利となったわけだが、実は陣営が秘密兵器を投入していた。それが“ブリンカー”

その効果は絶大で、最後まで集中力を切らさず走れたことで本領発揮につながった。この勝ちっぷりに太田助手も「コース替わりは問題ないし、能力も高い馬。同じ距離で再度、集中して走れれば昇級でも楽しみ」ともう一丁を狙う口ぶりだ。



土曜新潟10R
麒麟山特別
リープリングスター
重賞勝ち馬を負かした馬
去勢手術後にレパードSを予定しながら痛恨の除外となったリープリングスターがここでウップンを晴らす。除外後は在厩で順調に調整メニューを消化。7ヶ月ぶりになるが、そもそもがレパードSを予定していただけに、2週多く追えた分、仕上がりも進み「久々でも態勢は整った」と陣営もデキに太鼓判。

さらに太田助手も「去勢後は体が減ったけど、もともとが太かったので、今の体でいいと思う。まだ気難しさは残っているが、気分良く走れれば好勝負になっていい」とキッパリ。2勝目は除外されたレパードSを勝ったハヤヤッコを2着に負かしての勝利。この比較からも、条件クラスなら古馬相手でもまず好勝負。



土曜新潟11R
日本海S
バレリオ
休み明けこそが勝負
脚部難のため休み休みの出走ながら、これまで4戦3勝を好成績を収めているバレリオ一戦一戦が勝負の馬で、ここもイキナリから必勝態勢だ。

前走の青嵐賞は挫石明けで歩様が硬く、あの強気な相沢師ですら「万全の状態ではないのでどうか」と半信半疑。それが終わってみれば不安も杞憂に終わる1馬身3/4差の快勝。潜在能力は間違いなくオープン級で、「今回は歩様の硬さもないし、前走よりもはるかにデキは良い」と師のトーンも急上昇。頭数も手頃になったここなら首位有望。



日曜新潟10R
阿賀野川特別
ホウオウサーベル
すでに菊花賞を意識
前走を勝った後はこの新潟を狙って調整されてきたホウオウサーベル。それだけに仕上げ面に関しては抜かりなく「久々でもいい感じに仕上がった」と関係者。

半姉がオークス3着馬ビッシュと血統的に筋が通った馬で、新潟で新馬勝ちしているようにコース替わりは望むところ。奥村武師も「素質を感じるし、2勝クラスなら昇級しても力は足りるはず。菊を意識している馬なので頑張って欲しい」とイキナリからヤル気十分。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧