日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年8月29日]

最終戦で目イチ態勢


土曜新潟9R
糸魚川特別
ドリームインパクト
全ての面で前回以上
経験馬相手に福島のデビュー戦を快勝したドリームインパクトの連勝を期待する。前走は初めての実戦でありがちな出遅れから後方に置かれ、前が飛ばす速いペースに道中は押っつけながらの追走。しかし、直線で外めへ持ち出すと一気に加速しまとめて差し切り。それも、12秒2-12秒2-12秒1と減速しないラップを突き抜けたのだから強いのひと言

速い流れで展開が向いたとは言え、ディープ産駒らしい鋭い決め手は1勝クラスへ昇級しても全く見劣らない。国枝師も「前走は素質だけで勝ったようなもの。1度使って全ての面で前回より良くなっている。脚質的に新潟外回り2000Mは合うので、楽しみな1戦」と期待十分。



土曜新潟11R
長岡S
アントリューズ
左回りなら昇級も関係なし
アントリューズが昇級も一気に突破する。ここまで6戦し、3勝・着外3回と極端な戦績だが、実は敗れた3戦は全て右回りで、逆に3勝は全て左回りの東京。とりわけ前走の江の島特別(東京)は、初めての古馬を相手に3馬身差の圧勝。この戦績からも典型的なサウスポーと断定して差し支えないだろう。

左回りで直線の長い新潟外回り1600Mはベストと言っていい条件で、栗田徹師も「中間も順調そのもの。前走の勝ちっぷりが良かったし、昇級でも連勝を期待したい」とキッパリ。ここでオープン入りを決める可能性大だ。



日曜新潟9R
岩室温泉特別
アルーアキャロル
9着からの一変を目論む
陣営が一変を目論むアルーアキャロルを狙い撃つ。前走の清里特別は9着に終わったが、関係者によると「久々の1400Mで折り合いを欠いたのが敗因」とのこと。そこですぐさま、この新潟ダート1200Mへ照準。

それだけに2ヶ月ぶりでも仕上げには抜かりなく、新開師も「ダート1200Mは実績が示す通りベストの舞台。新潟も去年、現級の苗場特別で2着しているように、コース適性も問題ないので、改めて期待したい」と巻き返しに意欲満々。



日曜新潟10R
弥彦特別
アルミレーナ
叩いて前進あるのみ
半年ぶりの実戦ながら、前走の三面川特別で半馬身差の2着に好走したアルミレーナに注目。その前走はスタートで後手に回りながらも、直線大外から3F32秒3の最速上がりで追い上げた内容は見どころ十分。

休養前のテレビ山梨杯でも3着しているように、ここにきてもう1段階レベルアップしている印象で、叩いた今回は更なる前進が見込めるというもの。佐藤助手も「まだ発馬に課題を残すけど、前走くらい走れば今回も勝ち負けでしょう」と自信ありの口ぶりだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧