日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年07月31日]

やはり強敵はアノ馬!


日曜新潟11R
アイビスSD
フォーエバーマーク
やはり強敵はアノ馬!
新潟名物、直線1000m競馬のアイビスSDは、関東馬のセイコーライコウとフォーエバーマークが人気を集めそうだ。この2頭は前2戦の韋駄天Sと函館SSで対戦し何れもセイコーライコウが先着している。特に参考となうのが今回と同じ舞台で行われた2走前の韋駄天S。当時を振り返ってフォーエバーマークの矢野英師は「ビックリするくらいセイコーライコウは強い勝ち方だったね。ハンデ戦で重量差があったとは言え、相当に直線1000m競馬の適性は高そうだ。別定戦に替わって今回はウチの馬の方が重量は軽いけど、やはり強敵はアノ馬でしょう」と語っていた。



日曜札幌11R
クイーンS
フィロパトール
重賞でも十分に好勝負!
クイーンSに出走する関東馬の中ではただ1頭、フィロパトールが美浦で追い切りを行い直前輸送で札幌に移動する。前走、福島の天の川Sを勝って中2週での出走になるが、30日の追い切りでは軽快な動きを披露し、依然として絶好のデキをキープしている。武藤師は「福島で1分46秒台の勝ち時計は優秀。地道に叩き上げて漸くオープン入りを果たしてくれた。今までと違って脚をためる競馬で結果を出せたのは収穫。今は本当に充実しているので、展開ひとつでは重賞でも十分に好勝負になると思う」と期待を寄せていた。



日曜新潟9R
浦佐特別
エスオンマイチェス
福島を使わず新潟に照準
日曜新潟9Rの浦佐特別は、早くから新潟開催に備えてきたエスオンマイチェス陣営が超強気に構えている。降級戦で期待された前走の八丈島特別は、まさかの8着に敗れたが、道悪にのめって力を出せなかったもので参考外の一戦。藤沢和師は「大型で跳びの大きい馬だから、道悪は全くダメだね。3走前に新潟で強い競馬で勝ったので、前走後は福島を使わず新潟に照準を合わせてきた。長くいい脚が使える馬だから新潟の2000m戦はピッタリ。500万どころか1000万でも勝ち負けできる馬だから、馬場さえ良ければ今度は負けないよ」と自信ある口振り。



土曜新潟11R
佐渡S
クイーンオリーブ
福島をパスして…!
土曜新潟のメイン・佐渡Sは、福島をパスして芝状態の良い新潟開催に備えてきたクイーンオリーブが好仕上がり。前走のジューンSは休み明けで仕上がり途上ながた小差の3着に頑張り、力があるところを見せつけた。牧師は「久々を1度使って確実に状態は上向いてきた。スピードが身上の馬なので、開幕週の平坦コースに替わるのはプラス。横山典騎手も2度目の騎乗だし、ハンデ戦に替わって前走より1キロ軽くなるのも好材料。同型が少ないみたいなので、スッと先行態勢が取れればチャンス。ここは決めて欲しい」と強気に構えている。



土曜新潟10R
五頭連峰特別
ゴットフリート
今回は良い時のゴット
土曜新潟10Rの五頭連峰特別に斉藤誠厩舎はイタリアンネオとゴットフリートの2頭を出走させる。「ともにチャンスがあるので本音を言えばぶつけたくなかったが、出走を延ばして調子を崩したら元も子もないので同じレースに使う事にした。イタリアンネオは前走が距離が長かっただけにマイル戦に替わるのはプラス。ただし、実績で言えばオープンから2階級降級するゴットフリートの方が上。放牧に出して立て直したので、今回は良い時のゴットフリートに仕上がっている。気持ちで走る馬なので、むしろ休み明けの方がいいと思う。早熟傾向は否めないが、元オープン馬の底力を見せて欲しい」と斉藤誠師は分析していた。



土曜新潟9R
閃光特別
アスペンサミット
得意の直千競馬で…!
土曜新潟9Rの閃光特別は、得意の直千競馬に替わってアスペンサミットの巻き返しがありそうだ。高橋文師は「前走はダートを使ったが結果は惨敗。やはりこの馬は典型的な芝の短距離馬だね。南半球産で遅生まれのため、他の馬に比べて成長が遅れていたが、ここにきて漸く素質に体が追いついてきた。暑さに強い牝馬で状態は絶好。スピードをフルに生かせる直千競馬の適性は高く、チャンスは十分でしょう」と意欲を見せていた。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧