日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年08月21日]

田辺Jとコンビ復活


日曜新潟11R
NST賞
シセイオウジ
田辺Jとコンビ復活
新潟8日目のメーン・NST賞に出走するシセイオウジは先週の関屋記念を勝って、現在サマージョッキーズシリーズのトップを走る田辺騎手が騎乗することになった。同馬とコンビを組むのは12年春の春風S(2着)以来、2年5カ月ぶりになる。田辺騎手は「久々の騎乗だけど、いい脚を持っているイメージがある。最近は成績が安定しており、以前よりも確実に力をつけているようだ。後ろから行く馬なので週末の雨予報は気になるが、極端な道悪にならなければ好レースになりそう」とコンビ復活を楽しみにしている。



土曜新潟11R
日本海S
ケイアイチョウサン
内回りなら巻き返す!
新潟7日目のメーン・日本海Sは、前走の佐渡Sを3番人気で8着に敗れたケイアイチョウサンの巻き返しがありそうだ。新潟では過去3戦して7、14、8着と不振続きだが、これは直線の長い外回りコースが合わなかったもの。小笠師は「一瞬しかいい脚が使えない馬なので、福島のような直線の短いコースが合う。新潟の外回りコースだとスローで瞬発力勝負になりやすく、最後は切れ負けしてしまう。その点、今回は内回りの2200メートル戦に替わるので、持ち味の一瞬の脚をフルに生かせる。ハンデ戦から定量戦に替わって57キロで出走できるのも有利。能力は一枚上なので今回は楽しみ」と期待を寄せていた。




日曜新潟9R
出雲崎特別
セイクリッドロード
500万の馬ではない
新潟8日目9Rの出雲崎特別は、前走・浦佐特別を3着に好走して復調気配のセイクリッドロード陣営が強気だ。高橋裕師は「色々と工夫した結果、前走はうまく折り合えるようになって、ようやく結果が出せた。目に外傷を負って少し楽をさせたため、プラス12キロと体が増えていたが、それでも3着に頑張ったのだから収穫のあるレースだった。今回はキッチリと絞れたので、前走よりもいい出来で臨める。脚部不安で出世が遅れたが、立ち直ればいつまでも500万にいる馬ではない。ここ1、2戦のうちに勝ち上がれるんじゃないかな」と豪語していた。



日曜新潟10R
豊栄特別
ミナレット
前走よりやれる!
新潟8日目10Rの豊栄特別に出走するミナレットの大和田師は「前走はフケ(発情)が来て、いつもよりもテンションが高かった。それに新潟外回りのマイル戦も厳しかった。内回りの1400メートル戦に替わるのはプラスで、前走(4着)よりやれると思う」と自信の口ぶり。



土曜新潟9R
月岡温泉特別
トーセンミラージュ
新潟の外回りベスト
新潟7日目9Rの月岡温泉特別に出走するトーセンミラージュの吉田助手は「春はテンションが高く、レースではカーッと燃えて一本調子の面があったけど、放牧から戻ってからは精神面の成長が見られ落ち着きが出てきた。久々でも仕上がりはいいし、ゆったりと運べる新潟の外回りも合う。500万なら素質は上で楽しみな一戦」と変わり身を口にする。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧