日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年11月6日]

師が早々と必勝宣言!


日曜東京11R
アルゼンチン共和国杯
ホッコーブレーヴ
師が早々と必勝宣言!
「次走はジャパンCの予定。そのためには、ここは絶対に落とせない一戦」とアルゼンチン共和国杯を前に、ホッコーブレーヴの松永康師が早々と必勝宣言を出している。GⅠで好走実績がありながら、重賞未勝利のため現状では賞金不足でJCは除外の可能性が大きい。松永康師は「今年は賞金を稼いでいる馬が大挙してJCに出るため、2着では微妙なので1着が絶対条件。休み明けでもきっちり仕上げたし、気性的に鉄砲も利くタイプ。昨年は5着だったが、当時とは体つきが全然違うし、力もつけている。勝ってJCに弾みをつけたい」と大変な力の入れようだ。



土曜東京11R
京王杯2歳S
サフィロス
重賞Vへ仕上がり良好
新潟で未勝利、カンナSと連勝したサフィロスが、京王杯2歳Sで重賞初Vを目指す。5日の追い切りでは3頭併せで最先着して状態の良さをアピールした。手塚師は「前走は挟まれて厳しいレースだったが、狭いところをこじ開けるようにして伸びてくれた。今回は1400メートルに距離が延びるので、ハードに攻めてきっちりと仕上げた。初めての当日輸送、初めての坂のあるコースなど、まだ課題は多いけど、能力はかなり高い馬。引き続き状態はいいので、今回も頑張ってくれると思う」と話していた。



日曜東京9R
百日草特別
ミュゼエイリアン
東京コースはピッタリ!
札幌2歳Sを4着に好走したミュゼエイリアンが、東京2日目9Rの百日草特別で2勝目を目指す。福島の新馬戦で2着に負かしたココロノアイが、先週のGⅢアルテミスSを勝ったとあって、陣営は意を強くしている。黒岩師は、「エンジンの掛かりが遅い馬で、前走は少し脚を余してしまった。それでも、いくらも負けていないように能力が高いことは間違いない。エンジンが掛かってからは長くいい脚を使うところが1番のセールスポイント。直線の長い東京の2000メートル戦なら、じっくり構えて乗れるのでこの馬にピッタリ。少し間隔はあいたけど、調子は変わりなく来ているので楽しみ」と語っていた。



日曜東京10R
奥多摩S
マンボネフュー
厩舎のイチ押し馬
先週、東京、福島で3勝を記録し関東リーディングの3位に浮上した国枝厩舎。今週も有力馬をそろえて固め勝ちを狙っているが、中でも国枝師のイチ押しは東京2日目10Rの奥多摩Sに出走するマンボネフューだ。「前走は上手に折り合って、今までにない、いい勝ち方だった。2走前の1200メートル戦は、さすがに忙しかったね。やはりこの馬には東京の1400メートル戦がベストのようだ。ここに来て余計なことをしなくなり、精神面で随分と大人になってきた。2歳時にはロゴタイプを接戦を演じた実績もあり、秘めた能力はオープン級。昇級戦でも力は即通用すると思うよ」と国枝師は期待を寄せていた。



土曜東京9R
伊勢崎特別
バンズーム
能力は間違いなし
久保田厩舎は東京初日9Rの伊勢崎特別にバンズーム、ホワイトフリートの有力馬2頭を出走させる。近況の良さなら前走3着好走のホワイトフリートが注目される。久保田師は「2100メートルは走り慣れた距離だし、今回も崩れることはないだろう。ただし、能力の高さならバンズームの方が上」と分析している。「休み明けの前走は終いの伸びが物足りず不満の残る内容。春と比べて成長がイマイチの気がするけど、ユニコーンSを3着したように能力が高いことは間違いない。今回は距離を延ばして2100メートルを試してみる。以前に芝の2400メートル戦を使った時の走りが良かったので、距離延長がいい刺激になってくれればいいね」と語っていた。



土曜東京8R
3歳上1000万
アデイインザライフ
素質馬が連勝に意欲
休み明けの前走を2馬身半差で圧勝したアデイインザライフが、連勝を目指して東京初日8Rの条件戦(芝1800メートル)に出走する。春は弥生賞を3着に好走して皐月賞にコマを進めた素質馬だけに、昇級戦でもクラスが壁になるような馬ではないだろう。鈴木康師は「春シーズンは首の高い走法だったが、ひと夏越して首から肩にかけていい筋肉がついてきた。そのため首を上手に使って走れるようになり、それが推進力となって力強いフットワークに変わってきた。前走と同じ東京の1800メートル戦なら今回も期待していいんじゃないかな」と連勝に意欲を見せていた。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧