日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年11月20日]

外国人騎手と好相性!


日曜京都11R
マイルCS
ロゴタイプ
外国人騎手と好相性!
G1レース2勝馬のロゴタイプがマイルCSで3つ目のG1取りに挑む。昨年の皐月賞後は6戦未勝利と伸び悩んでいるが、2戦2勝のマイル戦に距離を詰めて巻き返しを期すことになった。田中剛師は「今週の追い切りは馬なりでラスト1ハロン12秒1。首の使い方が良くなり、気合も乗ってきた。この中間にハミを替えてから外に張る悪癖が解消されて真っすぐ走るようになった。朝日杯FSと皐月賞はM.デムーロ、スプリングSはC.デムーロ騎手で勝ったように外国人騎手と相性がいい。今回はルメール騎手に依頼したので、いい結果を期待したい」と語っていた。



月曜東京11R
東スポ杯2歳S
マイネルシュバリエ
落ち着いて競馬が出来れば
札幌2歳S2着のマイネルシュバリエが雪辱を期して東スポ杯2歳Sに挑戦する。2カ月半ほどレース間隔は開いたが、牧場でも乗り込んできただけに仕上がりは順調だ。19日の追い切りに騎乗した柴田大騎手は「クニャクニャした感じだった前走時の追い切りと違って、シンが入って全体にしっかりしてきた。馬体は多少増えた程度だけど、動きは全然違いますね。初コースでも左回りは問題ないし、少し時計が掛かり始めた馬場はこの馬に好都合。いくらかテンションが高めなので、後は落ち着いて競馬が出来るかがポイント。チャンスは十分あると思います」と明るい見通しを立てていた。



日曜東京11R
霜月S
ツクバコガネオー
うまくはまれば1400でも
東京6日目のメーン、霜月Sでツクバコガネオーが久々に1400メートル戦に挑む。前走は2100メートルのブラジルCを使っただけに一気の距離短縮がどう出るか。尾形充師は「中山なら1800、東京1600戦がベストだが、この馬に合った番組がないのでここを使う。前走は6着だったが、2100メートルよりは1400メートルの方が良さそう。どうせ後ろから行く馬なので、今回は出たなりの競馬をさせる予定。直線勝負に賭けてどこまで届くかだね。状態だけは文句なしにいいので、うまくはまれば一発があるかもしれないよ」と分析していた。



土曜東京11R
銀嶺S
ヒメサクラ
絶好調の牝馬が一発気配!
東京5日目のメーン、銀嶺Sは大量14頭が除外になる激戦区。有力視されていた馬が相次いでオミットされ、目下絶好調のヒメサクラにもチャンスが出てきた。前走は牝馬限定で相手が楽だったとは言え、2着に6馬身もの大差をつけての逃げ切り勝ちだった。再度1600万に昇級しても軽視は禁物か。柴田人師は「色々な距離を試してみたが、前走を見る限りでは東京の1400メートル戦が1番合っている。立ち回りの上手な馬だから、他に行く馬がいれば好位に控えても大丈夫。昇級、牡馬相手と条件は厳しくなるが、出来の良さを生かせれば好勝負になりそう」と語っていた。



土曜東京9R
からまつ賞
ショウナンアデラ
名手が素質を高く買う注目馬
2歳1勝馬によるからまつ賞は、蛯名騎手が素質を高く買っているショウナンアデラが注目馬。今週の追い切りでは自ら手綱を取って仕上がり具合をチェックした。「坂路で54秒台のタイムだったが、最近の坂路は全体に時計が掛かっているのでこれで十分。引き続き状態は良さそうだね。新潟の新馬戦はハイレベルのメンバー相手に首差2着に好走。前走は馬なりに近い形で勝ったようにいい素質を秘めている。昇級戦でも能力的には十分にやれるはずだよ」と蛯名騎手は大きな期待を寄せていた。



後藤浩輝騎手
1番思い入れの強い東京で復帰
4月27日の東京戦で落馬、頸椎辣突起骨折で休養していた後藤騎手が22日の東京戦で約7カ月ぶりに復帰する。厳しいリハビリを経てようやく復帰にこぎつけたが、一時は引退も真剣に考えたそうだ。「前回の休養中は1度も辞めようとは考えなかったが、今回はもう辞めざるを得ないのかなと思った。それでもあと1回だけでもいいから乗りたいという気持ちになり、それなら1番思い入れの強い東京競馬場でと考えて今開催に備えてきた。結果はどう出るか分からないが、自信がなければ戻っては来なかった。復帰第1週から多くの馬に乗せてもらえることに感謝して、関係者の期待に応えられるように頑張りたい」と後藤騎手は現在の心境を語った。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧