日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年12月11日]

新進気鋭がGⅠ獲りへ挑戦!


日曜阪神11R
阪神JF
スマートプラネット
新進気鋭がGⅠ獲りへ挑戦!
開業2年目の和田雄師が阪神JFにスマートプラネットを送り込み、初めてのGⅠ戦に臨む。次週の朝日杯FSには3勝馬のコスモナインボールが控えており、2週連続でのGⅠ挑戦になる。既に5頭が勝ち上がるなど今年の2歳勢は絶好調だが「坂路に積極的に入れて強い負荷をかけているのが好結果を生んでいる」と分析。スマートプラネットも坂路で鍛えられた効果で一戦毎に力を付けてきた。和田雄師は「前走でマイル戦を経験したので距離は大丈夫。新潟には2度遠征しており長距離輸送も問題ない。当日、落ち着きがあればGⅠでも好レースが可能」と話している。



日曜阪神10R
オリオンS
フェデラルホール
勝利がいいきっかけに
前走のレジェンドトレーナーCを勝って準オープンへの再昇級を決めたフェデラルホールが、今週は阪神に遠征し4日目10RのオリオンSで連勝を目指す。前走はブリンカー効果もあって鮮やかな逃げ切り勝ちだったが、気性難で知られる馬だけに今回も最後まで集中して走れるかがカギになる。中川師は「気性難がだんだんひどくなり、最近は馬体を並べると力を抜いて遊んでしまう。最後までしっかり走ればとっくにオープン入り出来た馬だが、気の悪さが出世を阻んできた。状態は変わりなくいいので、前走勝ちがいいきっかけになってくれればいいが…」と気をもんでいる。



土曜中山11R
ラピスラズリS
スマートオリオン
得意の中山で反撃!
前走の京阪杯で12着に惨敗したスマートオリオンが中山3日目メーン、ラピスラズリSで巻き返しを期すことになった。前走で手綱をとった田中勝騎手は「京都の大外枠が敗因。インを突いた馬が止まらない馬場で、終始、外を回らされる不利が大きかった」と悔やんでいた。今回は【3301】の好成績を誇る得意の中山だけに好レースは間違いないところ。鹿戸雄師は「久々を叩いた効果で馬がシャキッとしてきた。京都と違って中山はたとえ外枠に入っても大丈夫。昨年もこの時季に勝っており、得意舞台できっちり結果を出したい」と力を込めていた。



日曜中山10R
美浦S
マイネルミラノ
態勢万全の中山巧者
中山4日目10Rの美浦Sに、中山巧者のマイネルミラノが満を持して出走する。5カ月の休み明け、準オープンに再昇級しての一戦と条件は厳しいが、3勝を記録している得意の中山なら狙い目は十分。相沢師は「今週は稽古で遅れたけど、競馬と一緒で他の馬を追いかける形だと動かない。1週前にはクリールカイザーに先着したように、先行する形なら走る馬だ。トモの疲れで休みが長引いたが、今週のひと追いで態勢は整った。先週の中山は差しが決まっていたので、その点が少し気になるが、休養前に現級で2着したように力は十分。普通に走れば順当にチャンス」と強気に構えている。



土曜中山9R
黒松賞
ヴァリアントアロー
抜群のレースセンス!
3週連続で勝鞍を記録している好調・田村厩舎の今週の期待馬は、中山3日目9Rの黒松賞に出走するヴァリアントアローだ。東京のマイル戦で新馬戦を勝った後、前走は1200m戦の福島2歳Sで2着に頑張った。田村師は「能力の高さで初戦はマイル戦で勝ったが、血統、体型などから判断して適性は間違いなく短距離戦。初戦逃げ、前走は控えて2着したように競馬センスのいい馬だ。今回は脚を溜めての直線勝負を考えている。いいスピードがあり、短距離戦なら今後活躍出来る馬だと思う」と大きな期待を寄せている。



古賀慎明厩舎
特別レース2頭が楽しみ!
「今週は特別に使う2頭が楽しみです」と語っていたのは古賀慎師。期待の2頭とは中山3日目10Rの北総Sに出走するキープインタッチと、3日目11RラピスラズリSを目指すコウヨウアレスだ。「キープインタッチは前走の東京マイル戦は忙しすぎた。2勝を記録している中山の1800m戦に替わるのは好材料。コウヨウアレスは前走が久々で少し太かったね。ひと叩きした効果で動きがシャープになってきた。時計が掛かり気味の中山の芝コースも追い風になりそう。2頭ともにチャンスはあるのでレースが楽しみ」と古賀慎師は笑顔で語っていた。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧