日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年12月25日]

唯一の関東馬が積極策で一発!


日曜中山10R
有馬記念
フェノーメノ
唯一の関東馬が積極策で一発!
関東からはただ1頭有馬記念に挑戦するフェノーメノ。この秋は天皇賞14着、ジャパンC8着と不甲斐ない成績が続いているだけに陣営は巻き返しに必死になっている。佐々木助手は「天皇賞のレース直後にすぐに息が入ったほどで、あの時は全く走っていない。秋3戦目でも実際に競馬をしたのは前走のJCだけだから、まだ心身ともにフレッシュで余力は十分」と状態の良さを強調していた。新コンビを組む田辺騎手も1週前追い切りに騎乗して好感触をつかんだようだ。「切れるイメージがあったけど、実際は前めで粘らせた方が良さそうなタイプ。スタートを決めて積極的な競馬で一発を狙いたい」と話していた。



日曜中山8R
ホープフルS
コメート
重賞取りに意欲十分!
前走、福島のきんもくせい特別で2勝目をマークしたコメートが、中山8日目のホープフルSで重賞制覇を目指す。重賞初挑戦となった2走前の新潟2歳Sでも4着に好走しており、人気薄でも穴っぽい馬だろう。デビューから手綱をとっている嘉藤騎手は「前走はスローながらも番手で上手に折り合えた。とても賢い馬で、若駒にしては競馬センスが良く欠点が見当たらない。元々距離が延びていいタイプと思っていたので、2000m戦は大歓迎。前走は良馬場発表でも少し緩い馬場だったので、今の中山の馬場も向きそう。本来なら僕が乗れるような馬ではないけど、チャンスを与えてもらえたので精一杯頑張ります」と重賞取りに意欲を見せていた。



土曜阪神11R
阪神カップ
ホエールキャプチャ
3週連続の阪神重賞制覇へ
阪神JFをショウナンアデラ、朝日杯FSをダノンプラチナで勝った蛯名騎手が3週連続の阪神重賞制覇を目指して、今週はホエールキャプチャで阪神Cに臨む。24日の坂路調教では自ら騎乗して状態をチェックした。「大きく変わってはいないが、あまり状態が良くなかった夏場に比べればデキはいい。ベストはマイル戦。1400mは少し忙しい印象だが、長めの距離よりは競馬はしやすいと思う。内回りコースなので後方からでは厳しい。ある程度の位置に付けられるかがポイントになりそうだ。毎週勝てるほど競馬は甘くないけど、能力は高い馬なので期待を持って臨みたい」と語っていた。



土曜中山11R
師走S
グランドシチー
GⅠ除外の鬱憤を晴らす!
GⅠのチャンピオンズCを除外になったグランドシチーが中山7日目のメーン・師走Sで一発を狙っている。出走が延びた影響は見られず、先週、今週と追い切りでは絶好の動きを見せている。相沢師は「寒くなってから調子を上げてきて、最近では一番と言えるデキにある。58キロのハンデは見込み通り。昨年のマーチSを58キロで勝っているから全く問題ないよ。今年は未勝利でも重賞ばかりで相手が強かったからね。7歳でもまだ力の衰えはないし、今回はオープン特別で随分とメンバーは楽になっている。4勝を記録している得意の中山だから、今回は間違いなく走ると思う」と強気に構えている。



土曜中山10R
グレイトフルS
トーセンマタコイヤ
4連勝へ視界良し!
骨折明けの前走、精進湖特別を勝ってデビューから無傷の3連勝を飾ったトーセンマタコイヤが、4連勝を目指して中山7日目10RのグレイトフルSに出走する。中山2200m戦は2戦目に山吹賞を勝っており、2着に負かしたゴールドアクターは後の菊花賞3着馬。3着のショウナンラグーンは次走でGⅡの青葉賞を勝っており、結果としてハイレベルの一戦だった。加藤征師は「休み明けの前走が強いレースだった。中間も順調に来ており、徐々に体質がしっかりしてきたのは好材料。昇級戦で何頭か強い馬もいるけど、攻め馬を強化してここに備えてきた。距離、コース適性ともに申し分ないので、今回も大丈夫でしょう」と4連勝に明るい見通しを立てている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧