日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2014年02月09日]

あれが実力ではない!!


月曜東京10R
ゆりかもめ賞
タルトオポム
あれが実力ではない!!
ダービーと同じ東京2400M戦のゆりかもめ賞は、前走不利のあったタルトオポムの巻き返しが注目される。尾形和師は「直線で内を突いたら前が詰まって全く追えなかった。消化不良のレースで、あれが実力ではない。未勝利勝ちした2走前の競馬が優秀な内容で、これまで戦ってきた相手を考えれば、このクラスはあっさり勝っても不思議のない馬。距離適性はやってみないと分からないが、掛かる馬ではないのでこなしてくれると思う」と語っていた。



月曜東京11R
白嶺S
ガイヤーズヴェルト
ひと叩きされ好気配
月曜の東京メイン、白嶺Sは休み明けをひと叩きされたガイヤーズヴェルトが好気配。3ヶ月振りの前走は、折り合いを欠く不利があって8着に敗れているが、斉藤誠師は「久々の分、気負いが目立っていたし、外枠で前に壁が作れなかったのもマイナスした。終始、力んだ走りで最後は失速したが、一度使っていいガス抜きになった。休み明けを叩いての上積みも十分にあり、スムーズに流れに乗って上手く脚がたまれば、今度は一変した走りが可能。ダート適性の高い馬なので、今回は楽しみ」と大きな期待を寄せていた。



うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧