偏差値予想

11月25日(日)

第38回 ジャパンカップ(GⅠ) 東京11R 芝2400m

各馬の過去10走(※中央競馬が対象)を独自ロジックを使って13項目の予想ファクターで偏差値化。レース適性の総合偏差値から【見解】・【推奨馬券】を公開しています。◎>○>▲>△>☆は各ファクターの偏差値の評価順です。脚質については、過去10走の位置取りを参考に割合を算出し表記しています。▲が主な脚質、△は主ではないが、その位置取りでの競馬をしたことがあることを示します。また、全体に占める各割合が25%未満の場合は、表記しません。
PDFはこちら
ジャパンカップのレース適性評価

ジャパンカップのレース適性偏差値チャート

<見解>
本命は…⑪スワーヴリチャードです。①アーモンドアイだと思いましたが…偏差値ロジックからは、そんなに甘くないぞ!という結果です。⑪スワーヴリチャードの前走はスタートが全て。そこで終わってしまった感じです。この舞台はダービー2着で経験していますし、東京コースの偏差値はトップ評価なので、古馬の意地と前走の雪辱を果たしてもらいましょう。

2位は⑧キセキ。直近2走が安定した走りで調子が良さそうです。毎日王冠・天皇賞秋と東京コースを2回経験したことで東京が合わないことはないでしょう。あとは菊花賞を制していることからも距離延長がマイナスになることもなさそうです。枠順も相性のいいところを引けたので期待できます。左回りの偏差値が高いので、意外に合っているのかも知れません

3位は、出ました。①アーモンドアイです。まぁ1番人気でしょうね。今回が初の古馬一線級との対戦になります。オークスも制していますし、ジェンティルドンナに通ずるところがあります。正直、古馬との力関係だけです。あ、枠番相性の偏差値データからは最内枠は微妙です。シンザン記念の3枠以外は全て6枠以降で大外一気の競馬ですから。確か…。今回はそこも気になりますね。まぁ、鞍上がルメール騎手なので杞憂に終わる可能性は大ですが…。穴党の方は一考の余地ありですかね。

4位は⑨シュヴァルグラン。昨年このレースを制しています。芝2400m・重賞実績・定量・走破タイムと上位評価が並んでいますが、乗り替わりはややマイナスですかね。また、今回は①アーモンドアイ、⑪スワーヴリチャード、③サトノダイヤモンドと直線での切れ味が鋭い馬が揃っているので、前走を見る限り、昨年のように行くかどうか…という一抹の不安も。

5位は⑬ノーブルマーズ。直近のレースで長距離を使われ、宝塚記念3着、目黒記念2着と安定していましたが、前走のアルゼンチン共和国杯では9着に敗退しました。ただし、脚質・騎手相性の偏差値はトップです。ジャパンカップで前目で競馬ができるというのはマスト条件だと思います。また、鞍上も新馬戦から一貫して騎乗している高倉騎手。当然、手の内に入れているはずですから、一発があるならこの馬でしょう。

さて、データはありませんが、外国馬について。⑥サンダリングブルーは3走前のメンバーが超豪華。ここで3着なら十分通用しそうなものです。⑫カプリは今年の凱旋門賞で5着。ジャパンカップに出走する日本馬で5着にこれるか…というと①アーモンドアイぐらいかなと。そう考えると2頭とも欧州のトップクラスとの対戦で善戦していますから力はありそうです。また、出走頭数も少ないため、おさえが必要でしょう。

馬券は⑪スワーヴリチャードの単勝。馬連は本線4点・おさえ4点の計8点で勝負。①アーモンドアイが軸ではないので、いい配当になるはずです!

<推奨馬券>
※勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。

単勝
⑪スワーヴリチャード

馬連本線
⑧-⑪
①-⑪
⑨-⑪
⑪-⑬
----------
馬連おさえ
⑪-⑭
③-⑪
⑥-⑪
⑪-⑫

今週の重賞攻略データ

・ジャパンカップ(GⅠ)
騎手データ 偏差値予想
・京阪杯(GⅢ)
騎手データ 偏差値予想
・京都2歳S(GⅢ)
騎手データ  


<PR>

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧