偏差値予想

12月1日(土)

第52回 ステイヤーズS(GⅡ) 中山11R 芝3600m

各馬の過去10走(※中央競馬が対象)を独自ロジックを使って13項目の予想ファクターで偏差値化。レース適性の総合偏差値から【見解】・【推奨馬券】を公開しています。◎>○>▲>△>☆は各ファクターの偏差値の評価順です。脚質については、過去10走の位置取りを参考に割合を算出し表記しています。▲が主な脚質、△は主ではないが、その位置取りでの競馬をしたことがあることを示します。また、全体に占める各割合が25%未満の場合は、表記しません。
PDFはこちら
ステイヤーズSのレース適性評価

ステイヤーズSのレース適性偏差値チャート

<見解>
①アルバートは右前肢ハ行のため出走取り消しとなりました。

こちらの本命は①アルバートです。⑪リッジマンと総合偏差値で並びましたが、決め手は重賞実績ですね。長距離戦線を引っ張ってきた馬としては、このメンバーなら負けられないでしょう。

同率1位は⑪リッジマン。総合偏差値で①アルバートと並ぶとは思いませんでしたが、それだけ適性があるということです。特に芝2600m以上の長距離レースに関しては、他の追随を許さないぶっちぎりの評価です。ただ、やはり重賞での実績が足らんのです。ここさえクリアしていれば①アルバートを上回っていたと思います。いい勝負をしてほしいですね。

3位は上位2頭からは、かなり離されていますが⑫アドマイヤエイカンです。この馬は右回りがかなり相性がいいようです。また、長距離なだけにある程度前に行ける脚質もいいです。あとはどこまで上位2頭に肉薄できるかでしょう。

4位は⑥カレンラストショー。騎手相性・枠番相性の偏差値が高く出ています。芝3000mを超えるレースを経験していないのでどう転ぶかは未知数なところですが、内田騎手の手腕に期待というところでしょう。

5位は④コウキチョウサン。兄弟には平場で2連勝して有馬記念に向かうオジュウチョウサンがいます。スタミナはありそうですね。中山コースは良さそうですし、坂も問題なさそうです。さすがにこのメンバーの中に入ると差があると思いますが、一貫してほぼ2400m以上のレースを使っているのでスタミナが活きる展開になればあるかもしれません。

馬券は人気でも①アルバートの単勝。馬連は6点で的中を狙います。

<推奨馬券>
※勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。

単勝
①アルバート

馬連本線
①-⑪
①-⑫
①-⑥
①-④
----------
馬連おさえ
①-⑦
①-⑭

今週の重賞攻略データ

・チャンピオンズC(GⅠ)
騎手データ 偏差値予想
・ステイヤーズS(GⅡ)
騎手データ 偏差値予想
・チャレンジC(GⅢ)
騎手データ 偏差値予想


<PR>

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧