境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年6月10日]

馬券の肝は長距離G1血統

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

東京11RエプソムC 芝1800m

(17)シルクアーネスト

動画で解説 ~エプソムC(G3)~

エプソムCの注目血統は、長距離G1で好走馬を出した血統を持つ馬を狙うということ。スピードと瞬発力に秀でたサンデーサイレンス産駒の成績が芳しくないレース(過去に勝ち馬1頭のみ。連対率は5.0%という有様)ということからも、長距離戦向きのスタミナと持続力の要求値が高いレースということができます。

【エプソムCで好走した長距離G1血統】
11年1着ダークシャドウ 父ダンスインザダーク
10年1着セイウンワンダー 父グラスワンダー
10年2着シルポート 父ホワイトマズル
09年1着シンゲン 父ホワイトマズル
09年2着ヒカルオオゾラ 父マンハッタンカフェ
08年1着サンライズマックス 父ステイゴールド
08年2着ヒカルオオゾラ 父マンハッタンカフェ

ダンスインザダークはザッツザプレンティ、デルタブルース、スリーロールスと菊花賞馬を多数輩出してますし、グラスワンダーもJC勝ちのスクリーンヒーロー、宝塚記念勝ちのアーネストリーなどを輩出。ホワイトマズル産駒はイングランディーレが天皇賞・春を勝ったほか、アサクサキングスが菊花賞を制覇。マンハッタンカフェならヒルノダムール(天皇賞・春勝ち)ですし、ステイゴールドは三冠馬オルフェーヴル…といった具合です。

今年のメンバーで言えば、17.シルクアーネストが血統的穴馬として注目できる存在。父は10年のセイウンワンダーと同じグラスワンダー。その産駒の長距離実績に関しては上記の通り。ロベルト系自体、このレースと非常に相性が良く、昨年3着のセイクリッドバレー、上記セイウンワンダー、トップガンジョー、グランリーオと過去に好走馬を連発しています。

ちなみに、冒頭でサンデーサイレンス産駒の成績が非常に悪いことを指摘しましたが、逆に、「母父サンデーサイレンス」は相性抜群。過去の実績といえば、(3-2-1-9/15)勝率20.0%連対率33.3%というもの。この点も17.シルクアーネストの強調材料となります。
東京コースで大負けしたのは、準オープン勝ち直後に臨んだ安田記念のみというコース巧者でもあり、どんな位置からでも競馬ができる自在性も大きな魅力。格下と侮られるようなら、人気的にも絶好の狙い目となりそうです。

相手筆頭は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧