境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年6月16日]

紆余曲折の末、やはりNダンサー系で勝負!

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

函館11R函館スプリントS 芝1200m

(8)ブルーミンバー

動画で解説 ~函館スプリントS(G3)~

函館スプリントSと言えば、毎年のようにNダンサー系産駒が席巻することで知られているレースです。

【函館スプリントS過去5年】
11年1着カレンチャン ★父クロフネ
11年2着テイエムオオタカ ★父ホワイトマズル
10年1着ワンカラット ★父ファルブラヴ
10年2着ビービーガルダン ★父チーフベアハート
08年1着キンシャサノキセキ 父フジキセキ
08年2着トウショウカレッジ ★父ラストタイクーン
07年1着アグネスラズベリ 父エアジハード
07年2着サープラスシンガー 父ソングアンドプレアー
06年1着ビーナスライン 父フジキセキ
06年2着シーイズトウショウ 父サクラバクシンオー


※★印がNダンサー系。09年は札幌での代替開催のため割愛

特に過去2年はともにワンツー決着。丁度、函館の高速化が顕著になったのが08年ですから、そのときから急速に勢いを増しているということもできます。
ちなみに、父だけでなく母父Nダンサー系というところまで幅を広げると、該当しない馬がキンシャサノキセキ、アグネスラズベリ、シーイズトウショウくらいのもので(ほとんど勝ち馬という点は気になりますが)、3着内に入ったほとんどの馬が、『父か母父にNダンサーの血を持っていた』ということが言えます。

以上のことから、極めてシンプルな血統傾向分析の結果として、“函館スプリントSはNダンサー系保持馬を買っておく”というのが基本戦略。
今年は、例年より1週早い、開催2週目での施行。これがどの程度影響を及ぼすかについては、かなり頭を悩まされましたが、最終週から開幕週への移行といった極端なケースではなく、また、Nダンサー系の優勢は、決して馬場傾向によるものではないというデータも出ている(参考として後掲)ので、あまり意識せずこの血統傾向に沿っておこうと決めました。

ファルブラヴに母父カーリアン。Nダンサー系同士の配合である8.ブルーミンバーが穴の注目馬。母タヤスブルームも函館2戦2勝の巧者でしたからね、この馬がこのレースで大きくパフォーマンスを跳ね上げても、血統的には何ら驚くことではないわけです。むしろ、初のオール洋芝コース、その可能性を追う価値は十分にあると思っています。

断然人気の1.ロードカナロアですが

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧