境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年8月5日]

グレイソヴリン系保持馬不在なら…

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

小倉11R小倉記念 芝2000m

(12)ゲシュタルト

動画で解説 ~小倉記念(G3)~

動画内では日曜日のレパードS(G3)の狙い馬も紹介しています!

このレースは、とにかく「グレイソヴリン系が強い」レースです。昨年も、この傾向を元にして8番人気リクエストソングに本命を打ち、15番人気キタサンアミーゴを対抗に抜擢しましたが、どちらもちゃんと馬券圏内に来ましたよね。

【グレイソヴリン系保持馬の好走例】
11年13番人気2着キタサンアミーゴ(母父トニービン)
11年8番人気3着リクエストソング(母父トニービン)
10年4番人気2着バトルバニヤン(父ジャングルポケット)
09年16番人気1着ダンスアジョイ(母父トニービン)
08年11番人気3着ケンブリッジレーザ(母父タマモクロス)
07年6番人気1着サンレイジャスパー(父ミスズシャルダン、母父コジーン)
07年7番人気2着ニホンピロキース(父タマモクロス)
06年9番人気3着ニホンピロキース(父タマモクロス)


正直、この血統傾向だけで買える馬が見つかるレースです。今年は該当馬がいないので使えませんが、来年以降、必ず思い出していただきたいと思います。

さて、そのグレイソヴリン系保持馬が不在の今年。攻め方としては、「なぜグレイソヴリン系が強いのか?」という出発点から、「グレイソヴリン系の特質が、このレースとマッチしているから」と結論付け、同系統の特性と類似の個性を持った血統、馬を抽出することになります。要するに、血統傾向からレースの本質を見極めて、それに合致する馬を選ぶということですね。

では、「グレイソヴリン系の特質とは?」ということですが、簡単に言ってしまえば次の2点が挙げられます。

1.終盤のバテ合いに強い
2.小回り適性が高い


この2点です。
グレイソヴリン系の代表例としては、トニービンが挙がります。このトニービンの本質といえば、消耗戦に強いということ。ジリジリと伸びる持続力と、他馬がバテたところでもう一踏ん張りできる持久力、これこそがトニービンの本質です。だからこそ、この系統は小回りコースで抜群の強さを発揮するんですね。
「東京のトニービン」という格言がありますが、あれも、長い直線をフルに活かした消耗戦になった場合、同系統の個性が最大限に発揮されるということです(決して、直線スピードの速さや瞬発力を素にするものではありません)。

つまり

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧