境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年9月29日]

高い適性が問われる舞台なら…

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

阪神11RシリウスS ダ2000m

(13)ヤマニンキングリー

動画で解説 ~シリウスS(G3)~

動画内では土曜日の阪神10Rの狙い馬も紹介しています!

シリウスSのポイントは以下の通り。

1.とにかくミスプロ系が頻繁に馬券になる
2.芝OKの血統、自身が過去に芝で好走した経験がある馬
3.オークランドRCT勝ち馬の取捨

まず、単純な血統傾向として、ミスプロ系が好調。

11年1着ヤマニンキングリー(父アグネスデジタル)
11年2着キングスエンブレム(父ウォーエンブレム)
11年3着フサイチセブン(父フサイチペガサス)
10年1着キングスエンブレム(父ウォーエンブレム)
10年2着ラヴェリータ(父アンブライドルズソング)
09年3着ゴールデンチケット(父キングカメハメハ)
08年2着ワンダースピード(父キンググローリアス)
07年3着ワンダースピード(父キンググローリアス)


といった具合に、毎年1頭は馬券に絡むのがミスプロ系産駒。過去2年に関しては連対馬がともにこの系統ですからね。まずは最重要の血統傾向としてマークしておくべきでしょう。

そして、ここからが重要なのですが、このレースは“芝適性”が重要な要素になってきます。すなわち、「芝OKの血統を持った馬」「自身が芝でも好走した経験がある」という要素です。

【シリウスSにおける“芝OK血統”の好走例】
10年3着チョイワルグランパ(父マンハッタンカフェ)
09年2着ダークメッセージ(父ダンスインザダーク)
09年3着ゴールデンチケット(父キングカメハメハ)
08年3着ダークメッセージ(父ダンスインザダーク)

【シリウスSにおける“芝実績馬”の好走例】
11年1着ヤマニンキングリー(札幌記念ほか重賞2勝)
11年2着キングスエンブレム(3歳時に芝のオープン勝ち)
10年1着キングスエンブレム(3歳時に芝のオープン勝ち)
09年2着ダークメッセージ(日経新春杯2着)
09年3着ゴールデンチケット(毎日杯2着)
08年3着ダークメッセージ(日経新春杯2着)


また、このレースはリピーターレースとしての性質が非常に濃いと言う事も重要。上記好走馬例をご覧いただければ一目瞭然、キングスエンブレム、ダークメッセージやワンダースピードといった馬が、複数回馬券に絡んでいます。
リピーターレースとは、言うまでもなく、同じ馬が何度も好走するレースのこと。これは、単純に相性が良いということのみならず、「適性が問われる余地が大きい」ということを示します。特殊な適性が要求されるからこそ、その適性を持った馬が(能力や近走成績にかかわらず)何度も好走するわけですね。
したがって、リピーター色の強いこのレースは、適性の占める割合が大きいと考えることができます。その結果として、上記した要素の重要性がより高まるというわけです。

最後に、このレースの傾向、というよりデータとして重要なものを挙げておきます。
このレース、データを紐解くと一目瞭然の好相性は「前走オークランドRCT組」です。何しろ、2000mで行なわれるようになってから5回のうち、実に4回の勝ち馬がこのレースからの臨戦なのですから。しかも、その勝ち馬となると5年で3勝。これは無視できません。
しかも、この「前走オークランドRCT組」に関しては、さらに取捨が容易になるポイントが存在します。これは昨年の結果ではっきりしました。
それは、「オークランドRCTが定量戦で行われたか、ハンデ戦で行われたか」ということ。結論から言えば、定量戦で行われた場合の勝ち馬は3戦3勝。ハンデ戦で行われた場合の勝ち馬は苦戦ということになります。
オークランドRCTというレースは、過去5年中、2度ハンデ戦で行われています。08年と11年ですね。その2回の勝ち馬は、ともにこのレースで敗れています。08年のダノンビクトリーは5番人気で9着、11年の勝ち馬タガノロックオンは1番人気で4着でした。これは昨年も指摘し、人気のタガノロックオンはアテにならないと断じました。
さて、今年のオークランドRCTはといえば…はい、定量戦で行われていました。過去のデータ通りならば、今年の勝ち馬メイショウエバモアは上位争い可能という結論になります。

今年は思いっきり手の平返し、13.ヤマニンキングリーを狙います(昨年は◎キングスエンブレムでこの馬がマルッと抜けました…)。
先ほども書いた通り、リピーター色が強く、適性が反映される余地が大きいレース。ならば、昨年の勝ち馬を重視するのは当然のこと。当然のことながら、ミスプロ系保持馬、芝適性ともに申し分ありません。適性のない舞台で連敗を続けて人気を落とした馬を、適性ピタリの条件で再び狙うのは常套手段。鞍上込みで人気薄ならこれほどオイシイ馬券もないのでは?と考えています。

あまりにいかにもなので逆に心配ですが、“定量の”オークランドRCT勝ち馬14.メイショウエバモアは有力候補。ヤマニンと同じ

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧