境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年9月30日]

ヒントは北海道シリーズにアリ!

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

中山11RスプリンターズS 芝1200m

(11)パドトロワ

動画で解説 ~スプリンターズS(G1)~

動画内では日曜日の阪神11Rの狙い馬も紹介しています!

昨年は本命にしたビービーガルダンが発走前に放馬してしまい競走除外。ポカンと口を開けたまま終わってしまったこのレース。一昨年はウルトラファンタジー本命で獲っていますから、うますく上は『1勝1敗』。今年で勝ち越しを狙います。

スプリンターズSの傾向を探ると、以下のようなポイントが浮上します。

1.Nダンサー系がとにかく強い
2.函館、札幌で好走実績のある馬が強い
3.前に行けないと話にならない


単純にこれらの傾向に合致する馬を選ぶだけでもいいんですが、今年はもうちょっと深く探りを入れてみようと思います。

注目すべきは、

「『Nダンサー系が強い』ことと『洋芝実績馬が強い』ことは、決して無関係ではない」ということです。


【スプリンターズSにおけるNダンサー系の好走例】
11年1着カレンチャン(父クロフネ)
11年3着エーシンヴァーゴウ(父ファルブラヴ)
10年1着ウルトラファンタジー(父エンコスタデラゴ)
09年1着ローレルゲレイロ(父キングヘイロー)
09年2着ビービーガルダン(父チーフベアハート)
08年1着スリープレスナイト(父クロフネ)
08年3着ビービーガルダン(父チーフベアハート)
07年2着サンアディユ(父フレンチデピュティ)


この血統傾向と同時に、このレースが近年、オール洋芝で行なわれる函館、札幌シリーズとのリンクが強いという点も考えなければなりません。昨年は、前走キーンランドCで1、3着だったカレンチャンとパドトロワがワンツーを決め(ちなみに、2着馬は競走除外になったビービーガルダン)、09年はやはりキーンランドCを勝って臨んだビービーガルダンが2着。同年の勝ち馬ローレルゲレイロも、2歳時に函館で走っていた経験がありました。キンシャサノキセキなんかも函館スプリントS~キーンランドCと好走した後でしたね。
このように、近年のスプリンターズSにおいては、北海道シリーズの実績、すなわち、洋芝適性が非常に重要となっているわけです。

と、ここまでお読みいただいたところで、ある事に気が付いた方は、相当な血統馬券通です。

そうなんです。実は、「Nダンサー系が強い」ことと「洋芝実績」という要素には、かなり強いリンクがあるんです。
これは函館スプリントSの予想コラムでも指摘したこと、そう、「北海道シリーズの短距離戦では、Nダンサー系狙いが正解」でしたよね?

--------------------
※参考
【函館スプリントSで好走したNダンサー系】
12年3着ビスカヤ 父コマンダーインチーフ
11年1着カレンチャン 父クロフネ
11年2着テイエムオオタカ 父ホワイトマズル
10年1着ワンカラット 父ファルブラヴ
10年2着ビービーガルダン 父チーフベアハート
08年2着トウショウカレッジ 父ラストタイクーン

--------------------


続いて、キーンランドCについても。

--------------------
※参考
【キーンランドCで好走したNダンサー系】
12年3着テイエムオオタカ 父ホワイトマズル
11年1着カレンチャン 父クロフネ
11年2着ビービーガルダン 父チーフベアハート
10年1着ワンカラット 父ファルブラヴ
10年2着ジェイケイセラヴィ 母父コマンダーインチーフ
10年3着ベストロケーション 父クロフネ
09年1着ビービーガルダン 父チーフベアハート
09年2位入線モルトグランデ 父ウォーチャント
08年2着ビービーガルダン 父チーフベアハート
--------------------


このように、オール洋芝の函館、札幌で行なわれる芝1200m重賞において、爆発的な支配力を誇示しているのがNダンサー系であるということ。スプリンターズSと同じ血統傾向ですよね!?
そして、その函館、札幌実績馬が実際に好走するのが最近のスプリンターズS…。

これらのことから、スプリンターズSというレースは…

『函館、札幌の1200m重賞と同じ適性が問われる』

と考えることができるわけです。これが、スプリンターズSの隠れたメインテーマだと主張したいと思います。

ある程度の人気は覚悟、新理論の確立に期待して11.パドトロワを主役に指名します。
Nダンサー系産駒ではありませんが、これまで書いてきた「Nダンサー系が好走する理由」を考えれば、全く問題ありませんよね。ちなみに、ミスプロ系といえば、昨年2着のこの馬をはじめ、06年の勝ち馬テイクオーバーターゲット、05年の勝ち馬サイレントウィットネスという外国馬も、ともにミスプロ系産駒でした(もっと遡れば、トロットスターやマイネルラヴなんかもミスプロ系)。それ自体でも何ら臆することはありません。
前走で札幌の芝1200m重賞であるキーンランドCを勝っての臨戦。重賞2連勝中と、昨年より勢いがある点も好感(このレースは、基本的に上り坂傾向にある馬でないと好走は難しいのです。カレンチャン、スリープレスナイトが好例)。前に行ける脚もあるとなれば、今年はこの馬から買いたくなるというものです。

対抗は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧