境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年11月18日]

時代は変わり…

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

京都11RマイルCS 芝1600m外

(15)アイムユアーズ

動画で解説 ~マイルCS(G1)~

以前はサンデー産駒を買っていれば簡単にとれたレースですが、近年はスッカリその様相を変えてしまっています。

思えば、春の安田記念もスッカリ傾向が変わってしまっています。
以前はNダンサー×レイズアネイティヴ系という黄金配合があった安田記念も、ここ数年で「ロベルト系」に主力が移動しています。このことは安田記念当時の回顧コラムでも指摘しましたが、サンデーサイレンスが姿を消したことに加え、馬場の高速化がドンドン進んでいる現状がもたらしたと思われる変化。根幹距離であるマイル戦に一番顕著に反映されたのでしょう。もちろん、長きに渡って主役クラスが不在であるという事情も背景にはあるでしょうが。

このマイルCSに関していえば、最新の傾向は「ダート血統重視」。もうこれです。

11年1着エイシンアポロン(父ジャイアンツコーズウェイ)
10年1着エーシンフォワード(父フォレストワイルドキャット)
10年2着ダノンヨーヨー(母父フォーティナイナー)
09年2着マイネルファルケ(母父パークリージェント)
09年3着サプレザ(父サーム:ミスプロ系)
08年1着ブルーメンブラット(母父トップサイダー)
08年2着スーパーホーネット(母父エルセニョール)
07年2着スーパーホーネット(母父エルセニョール)


昨年はこの傾向に則って、ビシッとエイシンアポロンに本命を打ちました。「マイルCSはダート血統が強い」。これは最新の血統傾向として絶対に押さえておくべきポイントなのです。

そして、ダート血統が強いということはどういうことか?今年はそこまで踏み込みましょう。
簡単に言ってしまえば、「持続力の要求値が高まっている」わけです。前向きな気性と持続力がダート競馬における最重要事項。そんなダート血統が好走しやすくなっているということは、すなわち、マイルCSにおいて前向きな気性と持続力が必要になっているということになります。
ということは、同じ要素を持っている「芝1400m適性」も、このマイルCSにおいて重要になる可能性は高いと言えます。何度か書いているとおり、芝1400mは持続力の要求値が高く、ダート血統の重要性が高い条件ですから。

今年のメンバーを見渡した場合

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧