境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2012年11月25日]

今年は、東京芝2400mのドル箱配合を買っておきたい!

【日曜の穴馬券ネオメソッド】

東京11Rジャパンカップ 芝2400m

(15)ジェンティルドンナ

動画で解説 ~ジャパンカップ(G1)~

まず、ジャパンカップの基本線から。
血統的には、ニジンスキー系保持馬とトニービンが好相性、つまりは、欧州的なスタミナが必要ということですね。あとロベルト系も強いです。この3系統は素直に評価しておくべきでしょう。
意外とアルゼンチン共和国杯の勝ち馬が好走しやすい傾向も、このレースにおけるスタミナの重要性を示唆します。東京2500mという条件は、本質的に相当タフで、欧州血統が走りやすいスタミナコースですから、同じくスタミナ欲求の強いジャパンカップに直結しやすいということなんでしょうね。
ただし、コテコテの欧州血統だとやはり根本的にスピードが足りなので、サンデーを筆頭とした日本の競馬に実績がある血統で多少は補完しないといけません。それが難しいから外国馬があんまり来ないんですよね。そもそも、最近のG1週における高速傾向を見る限り、外国馬は単純に苦しいと言わざるを得ないでしょう。もう根本の部分が別ですからね。去年のデインドリームはトラックバイアスの差で敗れましたが、それがなかったとしてもやっぱりツラかったんでしょう。外国でほとんど実績がない高速対応血統(まだ適性を発揮してない)でもいれば逆に狙いたいところですが、そんな馬が選出されるとも思えませんしね。

と、ジャパンカップそのもの傾向はこんな感じです。今年も大枠で変わることはないと思いますので、こういったポイントから攻める手は十分成立するでしょう。

ただ、今年はもうちょっと大きな括りで、“見つけたら買いたい血統馬券”を狙いたいと思います。
それが、ダービーでフェノーメノを本命にした際にもご紹介した

「サンデー系×ダンチヒ系の隠れ黄金配合」です。

当時は、日本ダービーにおける注目配合としてお伝えしましたが、もうちょっと調べてみたところ、どうやらこれはダービー固有のものというより、東京芝2400mのG1における黄金配合と見ることができるようです。東京芝2400mのG1、すなわち、オークス、日本ダービー、ジャパンカップに関して、過去10年を調査したところ…

≪出走したサンデー系×ダンチヒ系の数≫:のべ10頭

≪うち、馬券に絡んだ馬の数≫:のべ6頭

という驚異的なアベレージが出現しました。実に6割の確率で馬券になっているんですね。しかも、出走頭数を見てください。10年間、29鞍行われてわずか10頭しか該当馬がいないという貴重品、それが、高確率で馬券に絡んでいるわけですよ。もうこれは狙うしかないでしょう。

--------------------------------------------
[ちなみに、馬券になった馬は以下の通り]
05年日本ダービー 3着シックスセンス
08年日本ダービー 1着ディープスカイ
08年ジャパンカップ 2着ディープスカイ
09年日本ダービー 1着ロジユニヴァース
12年オークス 1着ジェンティルドンナ
12年日本ダービー 1着フェノーメノ
--------------------------------------------

今回のジャパンカップで言えば、オークス馬ジェンティルドンナとダービー馬フェノーメノが該当。どちらを選ぶか、あとはヒキの問題ですが、ここは15.ジェンティルドンナを取りましょう。その根拠は下記のとおり。

1.基本的に後ろから差せる馬が強いレースだから
2.53キロの斤量はいかにも有利。
3.エリザベス女王杯に目もくれず、このレース一本に絞ってきた厩舎の姿勢
4.近年のジャパンカップは、ダービー馬の仔が好走しやすい
(11年がスペシャルウィーク、ジャングルポケット、ジャングルポケット。10年がキングカメハメハ、スペシャルウィーク、ネオユニヴァース。09年がタニノギムレット、ジャングルポケット)

最後の「4.近年のジャパンカップは、ダービー馬の仔が好走しやすい」というポイントは、ややオカルトっぽいなという感じもしますが、取捨の決め手という点では意味を持つような気がしています。
同年のダービーより時計が速かったということから、即ハイレベルと断じる風潮には疑問もありますが、前走の秋華賞は明らかに適性不向きであり、パフォーマンスも落としています。それでも勝つところが王者の資質。適性ピタリの舞台なら、古馬のトップレベル相手でも好勝負可能。もちろん、それを後押しするのがディープインパクト(サンデー系)×ベルトリーニ(ダンチヒ系)という血統であることは言うまでもありません。

牝馬三冠馬というレッテルから、単複が過度に売れる可能性は高いでしょうから、ここは相手のいる馬券を買っておきましょう。
まず考えなければならないのが、オルフェーヴルですが、私はパンパンの良馬場なら飛ぶ可能性も十分あると見ています。これまでの戦績を見ても、この馬は明らかに柔らかい馬場が得意な馬。そうでなければ、本場の道悪の凱旋門賞で高いパフォーマンスを維持できるわけがありません。昨年のようなカチンコチンの馬場にでもなれば、相当危ないと思いますよ。

というわけで

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧