境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年1月19日]

穴の肝は、勝ち馬とは別のタイプ

【土曜の穴馬券ネオメソッド】

京都11R京都牝馬S 芝1600m

(5)クィーンズバーン

動画で解説 ~京都牝馬S(G3)~

最近の京都牝馬Sは、「速い上がりを使える差し馬が勝ち、ほとんど切れない先行馬が雪崩れ込んで穴を開ける」という傾向にあります。人気順で決まった昨年は度外視するとして、11年は9番人気のサングレアズールが好位から粘り込んで3着(ちなみに、この年はこれが本命でした)、10年は7番人気ベストロケーションが2着という具合です。

基本的には速い上がりが必要なコースなので、切れる馬を上位に買うのは大事なことですが、先行して雪崩れ込む1400mっぽいタイプを忘れずに買うことで、連系の馬券にも対応できるという寸法。逆に、切れる馬同士で買っていると、意外と2~3着が抜けて悶絶することになります。

さて、それではこのレースの特徴を挙げてみましょう。ここに、このレースで雪崩れ込む穴馬のパターンが見えてきます。

1.サンデー系産駒で、ミスプロに代表されるダート血統を母系に持っていたケース

11年2着ヒカルアマランサス(母父ボールドルーラー系)
10年1着ヒカルアマランサス(母父ボールドルーラー系)
10年3着ザレマ(母父ミスプロ系ザフォニック)
09年3着ザレマ(母父ミスプロ系ザフォニック)
08年1着アドマイヤキッス(母父ミスプロ系ジェイドロバリー)
08年2着ザレマ(母父ミスプロ系ザフォニック)
06年2着チアフルスマイル(母父ミスプロ)


2.サンデーと同じヘイロー系ながら、異流の血(サンデー系ほど切れない)を持っていた馬

07年2着ウイングレット(父タイキシャトル←サンデーと同じヘイローからデヴィルズバッグを経由)
06年1着マイネサマンサ(父ディアブロ←サンデーと同じヘイローからデヴィルズバッグを経由)

3.サンデーを持たず、ダート血統で引っ張り上げられた馬

11年3着サングレアズール(父クロフネ)
10年2着ベストロケーション(父クロフネ)
09年1着チェレブリタ(父ブラックホーク←現役時代のイメージとは違い、産駒はダートで好走しやすい)


あの激甘キャラでお馴染みのザレマが、3年連続で馬券に絡んでいること(しかも、一度も勝っていない)が示唆する通り、上記したような“非”瞬発力血統、タイプが1頭は好位~先団から雪崩れ込んでくると思っておいた方がいいわけです。

穴の狙い方としては、「ダート血統に代表される非瞬発力血統を持っている馬で、1400mっぽいタイプの馬」を探せということになるんじゃないでしょうか。

昨年もちょっと狙っていたのですが、今年も凝りずに5.クィーンズバーンを本命にしたいと思います。スペシャルウィークにオジジアンという、サンデー×ダート血統という配合のこの馬。しかも

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧