境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年3月24日]

根拠ある変わり身で大穴を狙い撃つ!

ラジオ日本に生出演決定!!(AM1422KHz)
いよいよ明日、3月24日(日)、高松宮記念当日の放送に、血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』を持って、生出演します!高松宮記念で買っておきたい『穴馬』をもお伝えしますので、どうぞお聞き逃しのないように!出演時間は今週日曜日の11時30分頃の予定です。お楽しみに!


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


境和樹がツイッターでも狙いたい血統穴馬をつぶやいています!皆さん、フォローをお願いします。
高松宮記念は「これまでと明らかに異なっている点が存在する」と話す“境和樹”の買っておきたい穴馬とは?


【日曜の穴馬券ネオメソッド】

中京11R高松宮記念 芝1200m

(6)モンストール

動画で解説 ~高松宮記念(G1)~

高松宮記念が行われる中京芝1200mには、再三申し上げている通り、わりとハッキリした傾向が存在します。それが「外枠外差し、馬力血統保持馬が有利」というもの。基本的にはこの傾向をベースに考えて問題ないと思います。
ただ、今開催に関してはこれまでと明らかに異なっている点が存在します。それは、「これまでの開催に比べて時計が速い」ということ。
昨年春、ちょうど高松宮記念が行われた開催と比較してみましょう。

【今年と昨年春の開催の平均時計比較】
 
13年春
12年春(良馬場)
芝1200m
1.09.7
1.10.8
芝1400m
1.22.3
1.23.7
芝1600m
1.35.4
1.37.7
芝2000m
2.02.6
2.04.5
芝2200m
2.16.0
2.18.3


このように、高速化自体が徐々に進行しており、今開催は今年初頭の開催と比較しても時計が出ていることがわかります。昨年との差は一目瞭然、他の距離で比較してもだいたい2~3秒程度、昨年の開催より時計が速くなっています。

ダートも走れそうな血統やロベルト系など、馬力に寄った血統が強いという大筋の傾向自体は変わっていない(これはおそらく馬場に対する適性でしょう)ものの、時計自体は速くなっている。このことから、今年の高松宮記念においては従来の「馬力血統保持馬を狙う」というスタンスに加え、「高速化対応」というテーマも加える必要がありそうです。
ちなみに、外枠外差しという傾向についてですが、これも大枠では変化ナシと見ていいと思います。ただ、以前ほど極端ではなく、一桁馬番の好位グループでも全くノーチャンスではなくなっています。昨年の状況ならば、内側半分くらいの馬はいないものとして予想する、といったくらい極端な予想戦略も成り立ちましたが、今開催はそこまでやるとやりすぎになる危険性がありますね。「外枠に入ってくれれば好材料」「理想は外枠だが、内目の枠でも大幅減点までは必要ない」これくらいのイメージで攻めるべきでしょう。

「馬場に対応するための馬力と高速化対応のスピード、この2点のバランス」が今年の高松宮記念のテーマ。買える穴馬として

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧