境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年4月13日]

米国血統の祭典!

<春のGIシリーズに重宝する1冊>
血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』。全国書店で大反響!絶賛発売中です。アマゾンでもご購入出来ます。


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


先週も境和樹がツイッターでつぶやいた穴馬が激走![阪神6R]キンショータイム(6人気1着)を単複で射抜きました。今週も境和樹の注目馬から目が離せない!皆さん、フォローをお願いします。
アンタレスSは「米国血統保持馬が馬券に絡む可能性が高い!」と話す“境和樹”の買っておきたい人気薄とは?


【土曜の穴馬券ネオメソッド】

阪神11RアンタレスS ダ1800m

(9)フレイムオブピース

動画で解説 ~アンタレスS(G3)~

ジャパンカップダートが行なわれる阪神ダ1800mは、意外と上級条件のレースが少なくそのジャパンカップダートと、中山中止の影響で急遽行なわれた一昨年のマーチSくらいのもの。昨年からこの条件になったアンタレスSは、それら上級条件のサンプルから傾向を見出すという作戦が有効でしょう。

現時点で浮かび上がっている阪神ダ1800m重賞のポイントは『米国血統がとにかく強い』ということです。

【阪神ダ1800m重賞における米国血統の好走例】
12年JCD2着ワンダーアキュート(父カリズマティック)
12年JCD3着ホッコータルマエ(母父チェロキーラン)
12年アンタレスS1着ゴルトブリッツ(母父シーキングザゴールド)
12年アンタレスS2着アイファーソング(母父デヒア)
11年JCD1着トランセンド(父ワイルドラッシュ)
11年JCD2着ワンダーアキュート(父カリズマティック)
11年マーチ1着テスタマッタ(父タピット、母父コンサーン)
11年マーチ3着インバルコ(父フサイチペガサス)
10年JCD1着トランセンド(父ワイルドラッシュ)
10年JCD2着グロリアスノア(父プリサイスエンド)


このように、アメリカの重賞級レースで勝ち鞍のある馬、または、重賞級レースの勝ち馬を種牡馬として輩出しているような、『米国血統』を持っている馬が頻繁に馬券に絡むのが阪神ダ1800mの特徴。ダートの重賞なので、本場アメリカの血統が強いと言われると、「当たり前じゃないか?」と思われるかもしれませんが、たとえばフェブラリーSが行われる東京ダ1600mなんかはロベルト系の重要性が高く、あまりコテコテの米国パワー血統だとスピード負けすることもしばしば。その意味で、米国血統保持馬が順当に結果を出す阪神ダ1800mというコースは、純粋なダート戦に対する高い適性が要求される舞台であると言うことができます。

この観点から、今年のメンバーで買うかどうか考えるべき存在を抽出します

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧