境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年6月23日]

主流ズレを突く

<春のGIシリーズに重宝する1冊>
血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』。全国書店で大反響!絶賛発売中です。アマゾンでもご購入出来ます。


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


先日のNHKマイルCは、なんと単勝34倍の10番人気マイネルホウオウを単複1点で射抜きました。毎週、境和樹がツイッターで血統理論から導き出した厳選注目馬をつぶやいていきます!皆さん、フォローをお願いします。
宝塚記念の馬券の鍵は「スピードよりスタミナ」と話す“境和樹”の買っておきたい人気薄とは?


【日曜の穴馬券ネオメソッド】

阪神11R宝塚記念 芝2200m

(5)シルポート

動画で解説 ~宝塚記念(G1)~

宝塚記念というレースは、主流GIとは異なった適性が要求されるレースです。
それを証明するのが、「このレースが悲願達成のレースになりやすい」ということ。ちょっと前なら97年マーベラスサンデー、01年メイショウドトウ。最近で言えば、07年アドマイヤムーン(国内GI初勝利)や08年エイシンデピュティに10年ナカヤマフェスタ、そして11年アーネストリー。09年の勝ち馬ドリームジャーニーも、2歳時に朝日杯FSを勝ってからなかなかGIに手が届きませんでしたが、このレースで久々のタイトル奪取となりました。
このレースが初GI制覇になる馬が多い、言い換えれば、他のGIでタイトルに届かなかった馬が、このレースでパフォーマンスを上げる、この事実こそ、宝塚記念が主流からズレたレースであることの証明になります。元々、力のいる芝で行われる非根幹距離のレース。一般的な条件で力を発揮できなかった馬がパフォーマンスを上げて然るべき条件設定、実際にそれが結果として出ているわけです。『宝塚記念は主流とはズレた適性が必要になる』。これが、このレースを予想する上で意識しなければならない大切なポイントとなります。

ひとつ例を挙げて、いかに宝塚記念というレースが主流とズレているかを証明したいと思います。長くなるので文末に置きましたが、この宝塚記念と秋の天皇賞、それにジャパンカップの3つのレースに関して、レースの上がりタイムおよび上がり最速の馬の時計を比較します。ここでは、その平均値で比較してみます。

宝塚記念 レース上がり平均:36.1秒 上がり最速平均:35.4
天皇賞秋 レース上がり平均:35.2秒 上がり最速平均:33.6
J  C レース上がり平均:34.6秒 上がり最速平均:33.6


馬場状態の違いもありますし、もちろん距離も違います。その意味で極めて大雑把な値であることは承知の上で、秋の東京で行われる古馬主流GIの2鞍と比較して、明らかな違いがあることが見て取れると思います。レースの上がりで1秒近く、上がり最速の馬の時計で2秒近く宝塚記念の方が掛かっています。
宝塚記念というレースは、天皇賞・秋やジャパンカップに比べて、スピードの要求値が低く、速い上がりも必要ありません。この差が“主流ズレ”であり、このことが、これまでGIを勝ち切れなかった馬たちの台頭という『悲願達成』を生むわけです。

このことから、宝塚記念というレースに関して

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧