境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年6月29日]

過去の傾向と開幕週施行をどうリンクさせるか?

<難解な夏競馬を攻略するために持っておきたい一冊>
血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』。全国書店で大反響!絶賛発売中です。アマゾンでもご購入出来ます。


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


NHKマイルCは、なんと単勝34倍の10番人気マイネルホウオウを単複1点で射抜きました。毎週、境和樹がツイッターで血統理論から導き出した厳選注目馬をつぶやいていきます!皆さん、フォローをお願いします。
福島11R ラジオNIKKEI賞の馬券の鍵は「持続力血統」と話す“境和樹”の買っておきたい人気薄とは?


【土曜の穴馬券ネオメソッド】

【日曜】福島11RラジオNIKKEI賞 芝1800m

(10)ダイワブレイディ

動画で解説 ~ラジオNIKKEI賞(G3)~

今年は開幕週に行われるこのレース。それによる影響については後述するとして、まずはこのレース固有のポイントから。

ラジオNIKKEI賞のポイント

・欧州血統またはダート血統、持続力血統が重要
・1600m以下に実績があるタイプが強い
・速い上がりは不要


この3つです。1つ目のポイントに関しては相反する血統を挙げているようにも見えますが、ともに瞬発力より持続力に秀でている血統という共通点があります。このレースは毎年3角過ぎからマクリ合いになることが多く、かなり早い地点からアクセルを吹かしてゴールまで雪崩れ込む力が要求されます。その結果として相当な持続力が求められるわけですが、それを欧州的な底力(ゴール前のバテ合いでひと伸びする力)で補うか、ガリガリ行って雪崩れ込む米国的な競馬に対する適性で補うかの差だと思っていただければいいと思います。質は違いますが、何らかの形で長く脚を使って踏ん張る力を持っている必要ということ。ついでにいえば、溜めてビュッと切れる軽い瞬発力は求められていないということです。

また、1800mという距離で行われるにもかかわらず、意外に1600m以下に実績のある馬、またはその辺りの距離に適性がありそうな血統を持った馬が走りやすいという傾向も重要。これは小回りの恩恵。毎年、1600m以下の距離に実績がある馬(または1800以上に実績がない馬)が馬券に絡むのがこのレースの特徴です。

さらに、今年は開幕週の施行となりますから、この点についても考慮しなければなりません。夏の福島開幕週に行われる芝1800mの特徴とは何か?それは、『前に行けること』『そこから速い上がりを使うのではなく、ダラダラと雪崩れ込む力が重要』ということです。

【参考:夏の福島開幕週芝1800m開幕週の傾向】
※良馬場施行に限定します。

       勝ち馬の通過順 2着馬の通過順 レース上がり
12年1000万下 3-2-1-1     1-1-2-2    36.0
12年500万下  6-6-3-3     2-2-2-2    36.1
12年未勝利  6-6-5-4     1-1-1-1    36.7
10年500万下  4-4-4-4     6-5-4-4    35.2
10年1000万下 1-1-1-1     6-6-4-2    35.7
10年500万下  12-12-12-7    3-5-4-4    35.9
10年未勝利  5-7-5-4     5-3-3-2    35.6


3角5番手以内の位置にいること、上がりの掛かる競馬に対応できることが好走の条件であることが分かると思います。ある程度前付けして、そこから速い脚を使わずに雪崩れ込めるような馬、それが開幕週の福島芝1800m向きの馬ということになります。

ということで、今年のラジオNIKKEI賞のポイントをまとめると

・持続力血統
・1400m~1600mに実績がある馬
・3角5番手以内に付けられるくらいの機動力
・速い上がりを使わずに好走している馬


これが今年のラジオNIKKEI賞では重要な要素となります。

このテーマに沿って今年買うかどうか検討すべき馬は以下のとおり

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧