境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(公開馬券編) [2013年9月1日]

グレイソヴリン系を狙え!

<難解な夏競馬を攻略するために持っておきたい一冊>
血統評論家・境和樹が競馬ファンの皆様に向けて執筆した単行本『馬券で勝つ非常識ルール21』。全国書店で大反響!絶賛発売中です。アマゾンでもご購入出来ます。


Amazon.co.jp 競馬カテゴリー1位(3/16現在)


先日のNHKマイルCは、なんと単勝34倍の10番人気マイネルホウオウを単複1点で射抜きました。毎週、境和樹がツイッターで血統理論から導き出した厳選注目馬をつぶやいていきます!皆さん、フォローをお願いします。
新潟記念の馬券の鍵は「グレイソヴリン系」と話す“境和樹”の買っておきたい人気薄とは?


【日曜の穴馬券ネオメソッド】

新潟11R新潟記念 芝2000m

(1)サンシャイン

動画で解説 ~新潟記念(G3)~

これは昨年も指摘したことですが、新潟記念と言えば『グレイソヴリン系』が大事な鍵を握ります。ちょっと例を挙げておきましょう。

【新潟記念で好走したグレイソヴリン系保持馬】
07年1着ユメノシルシ(母父トニービン)
07年3着ヤマニンアラバスタ(父ゴールデンフェザント、母父タマモクロス)
06年1着トップガンジョー(母父ゴールデンフェザント)
06年2着サンレイジャスパー(父ミスズシャルダン、母父コジーン)
05年1着ヤマニンアラバスタ(父ゴールデンフェザント、母父タマモクロス)
04年2着レニングラード(父トニービン)
04年3着トーセンダンディ(母父クリスタルパレス)

【新潟記念における父アドマイヤベガの成績】
11年2着サンライズベガ(9番人気)
10年2着トウショウシロッコ(10番人気)
10年3着サンライズベガ(4番人気)
09年2着サンライズベガ(6番人気)
08年3着トウショウシロッコ(14番人気)


ストレートに父か母父にグレイソヴリン系を持っている馬に関しては07年を最後に好走例が止まっていますが、何と言っても燦然と輝くアドマイヤベガ産駒のサンライズベガ、トウショウシロッコが複数回好走しているという事実。しかも、つねに人気薄で。
もちろん、この2頭が特別このレースに適性を持っていたと考えられないことはありませんが、ともに同じ父アドマイヤベガ。しかも、アドマイヤベガですからね。これがディープインパクトやらキングカメハメハというなら話は別ですが、通常、重賞レベルではお呼びでないことが多いアドマイヤベガ産駒だということに価値があるわけです。
話の順序が逆になりましたが、このアドマイヤベガといえば

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧