境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

血統傾向と上位馬の強さを踏まえた上で…

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

東京11R・フェブラリーS(ダ1600m)

まず、フェブラリーSで一番顕著な血統傾向を指摘します。それは「ロベルト系保持馬が強い」ということ。父か母父にロベルト系を持っている馬が、毎年のように馬券圏内に突入し、穴馬券を演出しているんですね。

【ロベルト系保持馬の好走例】
13年9人2着エスポワールシチー
(母父ブライアンズタイム)
11年3人2着フリオーソ
(父ブライアンズタイム)
11年4人3着バーディバーディ
(父ブライアンズタイム)
10年1人1着エスポワールシチー
(母父ブライアンズタイム)
10年2人3着サクセスブロッケン
(父シンボリクリスエス)
09年6人1着サクセスブロッケン
(父シンボリクリスエス)
08年7人2着ブルーコンコルド
(母父ブライアンズタイム)
08年3人3着ワイルドワンダー
(父ブライアンズタイム)
07年3人1着サンライズバッカス
(母父リアルシャダイ)
07年2人2着ブルーコンコルド
(母父ブライアンズタイム)

昨年も該当馬2頭のうちの1頭であるエスポワールシチーが9番人気2着。逆を引いてしまい悶絶しましたが、ロベルト系が強いというテーマさえ知っていれば、人気落ちの実力馬を9番人気というオイシイ位置で買うことができたわけです。
また、馬券圏内に入れなかった2012年も、シンボリクリスエス産駒のダノンカモンが3着からハナ差の4着。本当に際どい上げ下げまで持ち込んでおり、また、もう1頭の該当馬だったエスポワールシチーも5着と掲示板確保。やはりこのレースとロベルト系の相性の良さを表したと言ってもいいでしょう(フェアじゃないので書いておきますが、もう1頭スマイルジャックもいましたが、これは14着に敗れています)。

また、これとは別に気になる血統があります。それが『ボールドルーラー系』です。

【ボールドルーラー系保持馬の好走例】
13年3人1着グレープブランデー
(母父ジヤツジアンジエルーチ)
12年7人1着テスタマッタ
(父タピット)
10年5人2着テスタマッタ
(父タピット)
09年3人2着カジノドライヴ
(父マインシャフト)

たしかに、ロベルト系に比べて好走例は少ないのですが、現在保持馬が2連勝中で、決して多くない該当馬の中からコンスタントに馬券に絡んでいる点は見逃せないかなと。2011年の勝ち馬トランセンドがワイルドラッシュ産駒だったことも合わせて考えると「近年のフェブラリーSでは、コテコテの米国血統の重要性が上がってきている」と言えるのではないか、週中に改めて検討した結果、そう思うに至った次第です。

ロベルト系、ボールドルーラー系まで含めて今年の出走馬から買うかどうか検討する馬を探すと…

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧