境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

問われる“1400m”適性!

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R・アーリントンC(芝1600m)

たとえば年始に行われる京都金杯。あのレースはマイル戦ですが、血統的には長距離GⅠ血統が好走しやすく、予想する際には『菊花賞を予想するようなスタンス』で考えると意外と上手くいきます。
このように、実際に走る距離とは異なった距離の適性が要求されるレースは決して少なくありません。実際に施行される距離や条件にとらわれず、そのレースが持つ本質に目を向けることは非常に大事なことなのです。

このアーリントンCもそんなレースの典型。阪神芝1600mで行われるこのレースですが、その本質は1ハロン短い1400m戦。過去の傾向を分析すると、このレースが持つ“1400m性”がクローズアップされます。

【1400m実績馬、1400m血統の好走例】
13年2着カオスモス
(父マイネルラヴ)
12年2着オリービン
(京王杯3着)
12年3着アルキメデス
(父アドマイヤムーン)
11年3着テイエムオオタカ
(未勝利勝ち1400m、京王杯3着)
10年2着コスモセンサー
(かえで賞レコード勝ち)
09年1着ダブルウェッジ
(父マイネルラヴ)
09年3着ミッキーパンプキン
(父ダンスインザダーク)
07年3着マイネルレーニア
(京王杯2歳S勝ち)

このように、1400m実績があった馬、または1400mに強い血統を持っている馬が毎年のように馬券になるのがこのレース最大の特徴。マイル戦だと思って予想するより、1400m戦だと思って予想する方が正解に辿り着く可能性が高いと言えるわけです。

また、この1400m性というポイントから、芝1400mにおいて要求される『ダート的要素』『持続力』というテーマを導き出すことも可能。実際、このレースではダート実績馬やダート血統保持馬が好走するケースも目立ちます。

【ダート実績馬、ダート血統の好走例】
12年1着ジャスタウェイ
(母父ワイルドアゲイン)
11年1着ノーザンリバー
(ダート2連勝からの臨戦)
11年2着キョウエイバサラ
(キャリア7戦目の初芝)
08年1着ダンツキッスイ
(ダ1400m逃げ切り勝ちからの臨戦)
08年2着エーシンフォワード
(父フォレストワイルドキャット)

といった具合です。

芝1400mらしい『溜めて切れる瞬発力よりもスピードの持続力』という要素こそ、このレースで要求される適性。マイルのレースでありながら、中身は1400mのレース。このギャップを突いて穴馬券を狙いましょう。昨年も同じことを書きましたが…

・1400m実績馬
・1400m適性の高い血統
・ダートからの臨戦
・ダート血統

こういった要素を使って、目ぼしい馬を探し出す作戦が有効です。

今年のメンバーの中から、そのポイントにしたがってピックアップできる穴馬候補は以下の通りだと考えます。

②マキャヴィティ
④グランフィデリオ
⑤タガノブルグ
⑥タガノグランパ

この中から選ぶとすれば、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧