境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

異流血統が奮起する!

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

中山11R・オーシャンS(芝1200m)

このレースは、芝1200m戦でありながらスピードの要求値が極めて低い、特殊なレースです。それを証明するのが過去の好走血統。

【オーシャンS好走馬に異流の血アリ】
13年1着サクラゴスペル
(母父キュアザブルース@ターントゥ系)
12年1着ワンカラット
(母父ピストルブルー@ファラリス系)
12年3着ベイリングボーイ
(母父ベーリング@ネイティヴダンサー系)
11年2着キンシャサノキセキ
(母父プレザントコロニー@リボー系)
10年1着キンシャサノキセキ
(母父プレザントコロニー@リボー系)
10年2着エーシンエフダンズ
(父フォレストリー@ストームバード系)
09年2着コスモベル
(父フォーマルディナー@ボールドルーラー系)
09年3着アポロドルチェ
(父オフィサー@マンノウォー系)
08年1着プレミアムボックス
(母父ターゴワイス@セントサイモン系)
08年2着エムオーウイナー
(父ニホンピロウィナー@ターントゥ系)
08年3着ナカヤマパラダイス
(父パラダイスクリーク@ネヴァーベンド系)
07年1着アイルラヴァゲイン
(母父メドウレイク@セントサイモン系)
07年2着サチノスイーティー
(父カリスタグローリ@ネヴァーベンド系)
07年3着シルヴァーゼット
(母父クレイヤン@ファラリス系)
06年2着コパノフウジン
(父ヘネシー@ストームバード系)

昨年も指摘したポイントですが、このレースが重賞に格上げされた06年以降、毎年のように『異流血統』が馬券に絡んでいるという事実こそ、このレースの本質をよく表しています。

1.ほとんどお目に書かれないマイナー血統
(ex.セントサイモン系、ファラリス系)
2.脚の遅いスタミナ血統
(ex.ネヴァーベンド系)
3.ダート血統
(ex.ストームバード系)

いずれも、芝の短距離戦においては、明らかにスピードが足りていないはずの血統。これがバンバン馬券になるところが、このオーシャンS最大のポイントです。

時期的なものもあってか、道悪で施行されることが多いということも、この傾向に拍車を掛けていると思われますが、今年も先週、かなり雨の影響を受けていますから良馬場でも極端な高速馬場にはならないでしょう。というわけで、今年も『オーシャンSでは鈍足馬を狙え!』というテーマに沿って考えていきたいと思います。


今年は、スプリント戦でありながらスピードの要求値が低いというこのレースのテーマから、「1200mっぽくない血統」を強調してみたいと思います。通常の1200m戦とは違った適性が要求されることは明らかですから、必然的に通常の1200m戦とは違った血統が来てもおかしくないという理屈です。

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧