境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

重厚、鈍足、スタミナ血統がスパイス

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

中京11R・中日新聞杯(芝2000m)

中京芝2000m重賞では、『ハーツクライ』『サドラーズウェルズ』の血が効果的に活きることが多いですね。

【中京芝2000m重賞とハーツクライ産駒】
13年金鯱賞1着カレンミロティック
13年金鯱賞3着ウインバリアシオン
12年愛知杯2着サンシャイン
12年金鯱賞3着アドマイヤラクティ

【中京芝2000m重賞とサドラーズウェルズ保持馬】
13年愛知杯3着コスモネモシン
13年中日新2着アドマイヤタイシ
12年愛知杯1着エーシンメンフィス

その他、顕著な好走血統を列記してみたいと思います。

【中京芝2000m重賞で気になる血統】
13年愛知杯1着フーラブライド
(母母父マルゼンスキー)
13年金鯱賞1着カレンミロティック
(母母父カーリアン)
13年中日新3着トウカイパラダイス
(母父マルゼンスキー)

13年中日新1着サトノアポロ
(母母父ハイペリオン系)
12年金鯱賞2着ダイワマッジョーレ
(母母父ハイペリオン系)

12年金鯱賞1着オーシャンブルー
(母父ミルリーフ系)
12年中日新1着スマートギア
(母父ミルリーフ系)
12年中日新2着ダンツホウテイ
(母母父ミルリーフ)

13年金鯱賞2着ラブリーデイ
(母母父トニービン)

ニジンスキーの系統やハイペリオン系、さらにミルリーフと、いわゆるコテコテの欧州血統、スタミナ血統を内包している馬ばかりが好走しているのが、中京芝2000m重賞の特徴ということが分かります。過去に行われたこの条件の重賞の中で、いわゆる軽い血統で好走したのは12年愛知杯3着のオールザットジャズ(タニノギムレット×サンデーサイレンス×ダンチヒ)くらいのもので、その他はすべからく何らかの形で欧州色が強い重厚血統を持っていました。そう考えると、この条件と相性の良いハーツクライも『サンデー×トニービン』という、トニービン内包という点が重要であると考えられますね。

この血統傾向は、中京芝2000mのタフさを象徴していると言えるでしょう。狙い馬を決める際には、少し重たいかな?という面が血統的にあるような馬をむしろ積極的に狙った方がいいと思います。

①トウカイパラダイス
(母マルゼンスキー)
③ユールシンギング
(母母父トニービン)
⑦カルドブレッサ
(父ジャングルポケット)
⑧フラガラッハ
(母父トニービン)
⑬ラブリーデイ
(母母父トニービン)
⑮スマートギア
(母父ミルリーフ系)
⑱サムソンズプライド
(父メイショウサムソン)

この中から、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧