境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

好相性系統を2本持つ今年の穴馬は…

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

中山11R・スプリングS(芝1800m)

昨年のスプリングSでは、マイネルホウオウに◎を打って複勝的中。その後、この馬にはNHKマイルCでも的中馬券をプレゼントしてもらいましたから、改めて頭の上がらない馬様です。

まあそれはいいのですが、そのマイネルホウオウを導き出した傾向とは別のアプローチを今年は試してみようと思います。昨年同様の方法だと大した馬が見つからないということもありますが、より効果的に見える傾向が見えてきたので。

このスプリングSでは、『サドラーズウェルズ系』『ロベルト系』が2本柱と言っていい活躍を見せています。

【スプリングSとサドラーズウェルズ系】
13年1着ロゴタイプ
(父ローエングリン)
09年1着アンライバルド
(母父サドラーズウェルズ)
06年1着メイショウサムソン
(父オペラハウス)

※過去10年(中山のみ)のスプリングSに出走したサドラーズウェルズ系保持馬の成績
(3-0-0-0)

実は、意外に少ないサドラーズウェルズ系保持馬の出走例。なんと、上記3頭しかいないんですね。いずれも勝って不思議のない実力を持った馬であることは否定しませんが、少なくとも、100%の確率で馬券になっている(しかも全馬1着!)ことは紛れもない事実。これを持ってレース相性を否定する材料はないでしょう。

続いて、もう1系統このレースと相性の良いものをピックアップします。

【スプリングSとロベルト系】
13年3着マイネルホウオウ
(母母父リアルシャダイ)
10年1着アリゼオ
(父シンボリクリスエス)
09年3着フィフスペトル
(母母父ロベルト)
08年1着スマイルジャック
(父タニノギムレット)
08年2着フローテーション
(母父リアルシャダイ)
05年3着トップガンジョー
(父マヤノトップガン)

こちらはサドラーズウェルズ系と違い、内包まで含める必要があり、しかも該当馬が多いという難点はあるものの、実際に08年には同系統保持馬同士のワンツーで穴が開いていますし、元々ロベルト系が持っている中山コースへの適性を考えれば、やはり重視すべきと言えるでしょう。

すなわち、スプリングSにおいては『サドラーズウェルズ系とロベルト系を重視すべし』という血統傾向が浮かび上がることになります。


というわけで、もう説明の必要もないでしょう。今年の本命馬は

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧