境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

ダラダラ持続力タイプを狙うレース

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

京都11R・京都新聞杯(芝2200m)

この京都新聞杯というレースは、「プレ菊花賞」とも言われるレースで、長距離戦に近い適性が問われやすいという側面が存在します。長距離でも対応できそうな持久力が求められやすく、ダラダラ脚を使う持続力タイプが好走しやすい。血統的にも、脚の遅い血統や持続力血統が有利になります。

【京都新聞杯における鈍足、持続力血統の好走例】
13年3着ジャイアントリープ
(父ネオユニヴァース)
11年2着ユニバーサルバンク
(父ネオユニヴァース)
11年3着サウンドバスター
(父ヘクタープロテクター)
10年1着ゲシュタルト
(父マンハッタンカフェ)
10年2着コスモファントム
(父スティーヴンガットイーヴン)
09年1着ベストメンバー
(父マンハッタンカフェ)
09年2着デルフォイ
(父スペシャルウィーク)
09年3着ロードロックスター
(父ロックオブジブラルタル)

また、馬自体のタイプを見極めることも結構重要で、

■上がり最速で好走しても、34秒台中盤から35秒台
ex.
13年2着ペプチドアマゾン
13年3着ジャイアントリープ
12年2着ベールドインパクト

■そもそも、上がり最速の経験が少ない
ex.
11年1着クレスコグランド
11年2着ユニバーサルバンク
10年1着ゲシュタルト

といったようなタイプが穴を開けやすいですね。昨年はキズナが勝ち、一昨年はディープインパクト産駒が1~4着を独占していることから、このポイントは盲点になりやすいところですが、キズナはその後のダービー以降の成績が示す通り、明らかに力が抜けていた馬であり、一昨年のディープ産駒にしてもベールドインパクトあたりは上記のテーマに合致した存在でした。

要するに、脚が遅い馬ということ。このレースで好走した馬の中には、上がり33秒台の脚を使った経験がある馬もいますが、それらのほとんどがそれだけの脚を使いながら負けています。つまり、「全く間に合わない位置から溜めた分の脚を使っただけ」「それよりさらに速い脚を使った馬が他にいる」ということ。これも、脚の遅さを示す材料のひとつと言えるでしょう。


今年のメンバーで言えば、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

一覧へ
うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧