境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

好相性系統+東京実績で狙う馬は…

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

東京11R・京王杯SC(芝1400m)

改めて過去の京王杯SCの結果を検証してみると、最新のレースポイントは以下の通りとなります。

1.ニジンスキー系保持、内包馬
2.プリンスリーギフト系保持、内包馬
3.東京実績はほぼ不可欠レベル
4.差して速い上がりを使った経験が重要

まず血統面についてです。

【京王杯SCとニジンスキー系】
13年2着トライアンフマーチ
(父母父マルゼンスキー)
13年3着ガルボ
(母父ジェネラス)
12年3着インプレスウィナー
(父フサイチコンコルド)
11年1着ストロングリターン
(母母父ニジンスキー)
11年3着ジョーカプチーノ
(母父フサイチコンコルド)
10年2着マルカフェニックス
(父母父ニジンスキー)

【京王杯SCとプリンスリーギフト系】
12年2着レオプライム
(父サクラバクシンオー)
10年1着サンクスノート
(父サクラバクシンオー)
09年2着トウショウカレッジ
(母父サクラバクシンオー)

過去5年の結果を見る限り、顕著なのはこの2系統の存在。プリンスリーギフト系保持、内包に関しては、ニジンスキー系保持馬の方で挙げた11年3着ジョーカプチーノが母母父トウショウボーイだったり、対象期間外の07年に父サクラバクシンオーのシンボリエスケープが9番人気2着など、上記した馬以外にも該当する馬を拾うことができます。

こういった血統面のポイントから候補馬をピックアップし、あとは馬個別の要素でふるいを掛けるという流れ。

まず、東京実績という点に関しては、昨年も指摘した通り、かなり重要な要素。東京コースでオープン以上の好走歴がある馬や、複数回の勝利経験がある馬を選んだ方が賢明です。

このレースに毎年出走し、毎年人気で凡走していたサンカルロなんかは明らかに東京実績が不足(3歳1月のオープン勝ちのみ)していましたし、昨年、2番人気で惨敗したトウケイヘイローも同様。どちらかと言うと、人気馬の危険度を計るファクターとも言えますが、積極的に買う馬を選ぶ際にも重視すべきでしょう。

また、このレースは直線スピードを問われることが多いため、実際に後方で脚を溜めてメンバー最速、2位あたりの上がりを使って好走した経験があることも大事なポイント。稀に前付けして雪崩れ込むケースもありますが、基本的には後ろからキッチリ脚を使える馬を選んだ方が馬券にはなりやすいと考えられます。

以上のポイントから、今年買うかどうか検討すべき馬は以下の通り。

①シャイニープリンス
(母母父テスコボーイ)
⑤エールブリーズ
(母父カーリアン)
⑧インプレスウィナー
(父フサイチコンコルド)
⑩クラレント
(父母父ニジンスキー、母母父テスコボーイ)
⑬アルフレード
(母母父サクラユタカオー)

余計なことは言わない方がいいような気もしますが、コパノリチャードは母母父カーリアンで血統ポイントは満たしますが、後方から脚を使って好走した経験と、東京実績が不足しています。あまり過度な期待は寄せづらい人気馬だと考えられます。

さて、上記に挙げた馬からどれを選ぶかですが、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧