境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

母父マルゼンスキー、第三の矢が放たれる!

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R・鳴尾記念(芝2000m)

かつては暮れの1800mで行われていた鳴尾記念が2000mになったのは2年前。まだサンプルが少ないため、今回くらいまでは他の阪神芝2000m重賞の傾向を参考に予想した方がベターだと考えています。

【阪神芝2000m重賞のポイント】
1.マンハッタンカフェ産駒が強い
2.鈍足欧州スタミナ血統保持馬
3.ニジンスキー系が肝になりやすい

マンハッタンカフェ産駒と阪神芝2000m重賞の好相性に関しては、以前から指摘している通り。このレースには残念ながら該当馬がいませんので軽く説明するにとどめますが、ショウナンマイティを筆頭に人気の有無にかかわらずバンバン馬券に絡んでいます。今後、このコースで行われる重賞で見つけたら、忘れずチェックしましょう。

また、そのマンハッタンカフェはサンデー系の中でもスタミナと鈍足性が個性になる血統。他のサンデー系からゼンノロブロイやステイゴールドが好走していることも含めて、続くポイント【鈍足欧州スタミナ血統保持馬】というテーマに関連してくると思われます。昨年のこのレースの勝ち馬トウケイヘイローも、母父ミルリーフ系ミルジョージ。このテーマを満たしていました。

そして、最後にニジンスキー系というテーマです。これは、同じ阪神芝2000mで行われる大阪杯で最も重要なポイントになる血統です。

【大阪杯とニジンスキー系】
13年2着トウカイパラダイス
(母父マルゼンスキー)
12年2着フェデラリスト
(母母父ニジンスキー)
11年1着ヒルノダムール
(母父ラムタラ)
11年2着ダークシャドウ
(父母父ニジンスキー)
10年1着テイエムアンコール
(母母父ニジンスキー)
08年2着エイシンデピュティ
(母母父ニジンスキー系)
06年2着マッキーマックス
(父母父ニジンスキー)
06年3着スズカマンボ
(母母父ニジンスキー)

この血統傾向を頼りに、今年の大阪杯ではトウカイパラダイスに◎を打ちましたが、昨年暮れのラジオNIKKEI杯2歳Sでも、やはり母父マルゼンスキーのアズマシャトルが8番人気2着と好走。このことから、ニジンスキー系保持、内包馬を大阪杯だけでなく、阪神芝2000m重賞における重要血統だと判断していいでしょう。

また、昨暮のラジオNIKKEI杯2歳Sアズマシャトル(8番人気)、今年の大阪杯トウカイパラダイス(6番人気)と、現在、阪神芝2000m重賞において『母父マルゼンスキー』が連続して穴を開けているという直近の勢いも、血の流れという視点でかなりポイントは高いですね。


続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧