境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

長距離血統をフィーチャーするレース

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

函館11R・函館記念(芝2000m)

函館記念において重賞な血統テーマは以下の2つ。毎年同じようなことを書いていますが、傾向としてはかなり顕著だと思っているので、改めて指摘しておきたいと思います。

1.長距離血統の重要性が高い
2.ニジンスキー系内包馬に注意

この2点です。

【函館記念と長距離血統】
13年1着トウケイヘイロー
(母父ミルジョージ)
12年1着トランスワープ
(母父リアルシャダイ)
12年2着イケトップガン
(父マヤノトップガン)
12年3着ミッキーパンプキン
(父ダンスインザダーク)
11年1着キングトップガン
(父マヤノトップガン)
11年2着マヤノライジン
(父マヤノトップガン)
10年2着ジャミール
(父ステイゴールド)
10年3着ドリームサンデー
(母父ブライアンズタイム)
08年1着トーセンキャプテン
(父ジャングルポケット)
08年2着フィールドベアー
(母父トニービン)
08年3着マンハッタンスカイ
(父マンハッタンカフェ)

いわゆる長距離GⅠ血統はもちろん、長距離向きの持久力や鈍足性を備えた血統を持った馬がやたらと好走するのがこのレースの特徴です。

【函館記念とニジンスキー系保持、内包馬】
13年3着アスカクリチャン
(母母父マルゼンスキー)
12年3着ミッキーパンプキン
(父母父ニジンスキー)
11年1着キングトップガン
(母父マルゼンスキー)
10年1着マイネルスターリー
(母母父マルゼンスキー)
10年3着ドリームサンデー
(母母父ロイヤルニジンスキー)
08年1着トーセンキャプテン
(母母父カーリアン)
07年1着エリモハリアー
(父ジェネラス)
06年1着エリモハリアー
(父ジェネラス)

元々、ローカル小回りの芝中距離では頻繁に穴を開けるニジンスキー系絡みは、このレースでも有効に働きます。個人的には、『保持』より『内包』がベターかな?という印象は持っています。上記例で言えば、キングトップガンは父マヤノトップガンの方でテーマ充足を主張できますし、そうなると、このレースの鬼と言われたエリモハリアー以外、保持馬は意外にポンポン飛んでいるので…。

保持が全くダメだと言うつもりはありませんが、ここでは『母母父あたりに忍ばせる形でニジンスキー系を内包している馬』が特に強調できるとしておきます。

以上の血統テーマをベースに、今年の出走馬を見てみます。買うかどうか検討すべき対象は以下の通り。

①アドマイヤフライト
(母父トニービン)
③ラブイズブーシェ
(母父メジロマックイーン)
④ナカヤマナイト
(母母父マルゼンスキー)
⑨ダークシャドウ
(父ダンスインザダーク)
⑪アスカクリチャン
(母母父マルゼンスキー)
⑫トウカイパラダイス
(母父マルゼンスキー)
⑮サクラアルディート
(母父マルゼンスキー)

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧