境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

いかにも…な血統と、まさか…の血統

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

札幌11R・クイーンS(芝1800m)

函館で行われた昨年は対象外として、札幌施行時に限定して過去の結果を検証すると、次の血統傾向が浮かび上がります。

1.欧州血統保持馬
2.特にサドラー絡みに要注意
3.なぜか暗躍するボールドルーラー系内包馬


この3つです。まずは欧州血統の重要性から。そもそも、重たい洋芝で行われる北海道開催は、総じて欧州性の強い血統が激走しやすい下地がありますが、このレースもその例に漏れずといったところでしょうか。

【クイーンSで好走した欧州血統保持馬】
12年1着アイムユアーズ
(母父エルコンドルパサー)
12年2着ラブフール
(母父エルコンドルパサー)
11年1着アヴェンチュラ
(父トニービン系ジャングルポケット)
11年2着コスモネモシン
(母父シングスピール)
10年1着アプリコットフィズ
(父トニービン系ジャングルポケット)
09年1着ピエナビーナス
(母父カーリアン)
07年3着ディアチャンス
(母父マルゼンスキー)
06年2着ヤマニンシュクル
(母父ニジンスキー)
05年2着ヘヴンリーロマンス
(母父サドラーズウェルズ)
04年1着オースミハルカ
(父フサイチコンコルド)
04年2着エルノヴァ
(母父サドラーズウェルズ)

基本的には欧州血統、その中でも凱旋門賞血統に分類されるくらい、重たい血を持った馬が走りやすいという点は、まず最初の認識として持っておいていいでしょう。そもそもがこの手の系統が走りやすいコースですから、これは必然のテーマと考えることができます。

さらに、欧州血統の最高峰であるサドラーズウェルズに絡んだ血統もよく好走しています。上記の例でいえば、昨年の勝ち馬アイムユアーズの父ファルブラヴは、サドラーズウェルズの全弟であるフェアリーキングの仔。また、エルコンドルパサーもキングマンボにサドラーズウェルズという配合の馬です。ストレートにサドラーの系統を母父に持っていた11年2着コスモネモシンは、当時10番人気という超低評価からの激走でした。

と、ここで終われば何ていうことはない北海道シリーズの重賞らしいポイントなのですが、ここから先がやや奇妙。

このレースにはもうひとつ、隠れテーマが存在します。それが『ボールドルーラー系の暗躍』。正直、明確な根拠は分かりかねるのですが、欧州血統とは真逆と言える、米国血統の代表選手ボールドルーラー系を保持または内包している馬が、やたらと馬券に絡むという傾向が存在します。

【クイーンSで好走したボールドルーラー系保持、内包馬】
12年1着アイムユアーズ
(父母父)
11年2着コスモネモシン
(母母父)
10年2着プロヴィナージュ
(母母父)
10年3着カウアイレーン
(母母父)
09年3着アメジストリング
(母父)
08年1着ヤマニンメルベイユ
(母母父)
07年2着イクスキューズ
(父)
06年2着ヤマニンシュクル
(母母父)
04年2着エルノヴァ
(母母父)

う~ん、正直、どうしてこうもボールドルーラー系が絡むのか、その理由は良く分かりません。これで、フォーティナイナーやらワイルドラッシュやら、周辺の米国血統も一緒に絡んでいるなら話は分かるのですが、本当にこの系統だけですからね。しかも、上記の通り“やたらと”絡むわけです。さすがに、これを無視する手もありませんから、単純な血統傾向として『ボールドルーラー系保持、内包馬に注意』としておくしかありませんね。

一応、札幌競馬場固有の傾向とも合致している欧州血統(特にサドラー絡み)を重視しつつ、ボールドルーラーの血をどこかに隠し持っていないか?という点にも注目する。これがクイーンSの血統テーマということになります。

今年のメンバーを見渡すと、

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧