境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

夏の3歳ダート重賞の血統傾向は?

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

【日曜】新潟11R・レパードS(ダ1800m)

基本的に堅く決まることが多いレースですから、なかなか穴馬の単複が嵌りづらいレースではあるのですが……。一応、過去5回のレースサンプルから導かれる傾向は以下の通り。

1.ヴァイスリージェント系保持馬が好相性
2.キングカメハメハ産駒も堅調
3.同世代のオープン競走出走経験と古馬1000万レベルで通用する力


この3つです。

【レパードSとヴァイスリージェント系】
11年1着ボレアス
(母父フレンチデピュティ)
11年2着タカオノボル
(母父タッチゴールド)
10年1着ミラクルレジェンド
(母父オーサムアゲイン)
10年2着グリッターウイング
(父クロフネ)
09年2着スーニ
(父ソト)

サンプルは11年で止まってしまっていますが、12年は該当馬不在、13年は馬券にはなりませんでしたが、母父フレンチデピュティのドコフクカゼが13番人気の低評価ながら5着と掲示板を確保しており、やはりこのレースにおける同系統の重要性に変わりはないと思います。

【レパードSとキングカメハメハ産駒】

③③⑧⑥①着

一昨年は勝ち馬ホッコータルマエを輩出、穴馬なら09年3着スタッドジェルランが7番人気

基本的に、芝でも走れる血統が強いという特色がある新潟ダ1800m。キングカメハメハは、その中でナンバーワンの成績を残している種牡馬なのですが、そのコース相性どおり、このレースでも上々の成績を残しています。

cf.新潟ダ1800m過去3年の血統データ

①キングカメハメハ
着別度数:
18-11-17-76/122
勝 率:14.8%
連対率:23.8%

②シンボリクリスエス
着別度数:
12-12-18-93/135
勝 率: 8.9%
連対率:17.8%

③ネオユニヴァース
着別度数:
11-9-7-81/108
勝 率:10.2%
連対率:18.5%

④ゴールドアリュール
着別度数:
9-6-8-64/87
勝 率:10.3%
連対率:17.2%

⑤ゼンノロブロイ
着別度数:
9-6-8-53/76
勝 率:11.8%
連対率:19.7%

⑥フジキセキ
着別度数:
8-4-3-53/68
勝 率:11.8%
連対率:17.6%

⑦クロフネ
着別度数:
7-9-9-93/118
勝 率: 5.9%
連対率:13.6%

⑧ディープインパクト
着別度数:
6-6-2-21/35
勝 率:17.1%
連対率:34.3%

⑨アグネスタキオン
着別度数:
6-2-7-52/67
勝 率: 9.0%
連対率:11.9%

⑩デュランダル
着別度数:
6-1-1-20/28
勝 率:21.4%
連対率:25.0%

※全体的に芝でも走れる血統の活躍が目立つ。ディープの高い連対率、加えてデュランダルの好成績もそのことを裏付けると言っていい。


最後に、これはデータ予想的な側面が強いところですが、実績面のファクターとして『前走ジャパンダートダービー組か、古馬1000万3着以内』というテーマは非常に重要なようです。やはり、現時点でのダートの世代トップクラスが集まる一戦。それなりの力量と経験がなければ上位進出は苦しいということでしょう。

【過去の好走馬の前走および近走実績】

13年
1着インカンテーション
(前走古馬1000万勝ち、伏竜S4着)
2着サトノプリンシパル
(前走古馬1000万勝ち、伏竜S3着)
3着ケイアイレオーネ
(前走JDD3着)

12年
1着ホッコータルマエ
(前走JDD5着、古馬1000万勝ち)
2着ナムラビクター
(前走古馬1000万勝ち)
3着イジゲン
(前走古馬1000万勝ち、端午S4着)

11年
1着ボレアス
(前走JDD2着、いぶき賞2着)
2着タカオノボル
(前走古馬1000万勝ち)
3着タナトス
(特に無し)

10年
1着ミラクルレジェンド
(前走JDD4着)
2着グリッターウイング
(前走古馬1000万2着)
3着ソリタリーキング
(前走古馬1000万勝ち、ヒヤシンスS2着)

09年
1着トランセンド
(前走古馬1000万勝ち)
2着スーニ
(前走JDD6着、伏竜S1着)
3着スタッドジェルラン
(前走古馬1000万3着、昇竜S2着)

このレースが誕生してから5回、その馬券圏内馬15頭のうち、ほぼ全てと言っていいくらいの馬が同じような戦績を持っていたことが分かります。全く傾向に当て嵌まらなかった馬がタナトスくらいのもので、若干弱く見えるスタッドジェルランも、2走前には古馬1000万条件で2着していました。

だいたい能力的にこの時点で古馬1000万~1600万くらいの力量を実績で示しており、かつ、同世代の上の方とも対戦経験がある、これがこのレースで上位に来るための条件と言っても過言ではないでしょう。ポッと出の上がり馬ではなかなか苦しいと見ておいた方が無難です。

と、以上のテーマでふるいを掛けた、今年の候補馬は以下の通り。

①メイショウイチオシ
(前走古馬1000万2着、伏竜S7着)
④ランウェイワルツ
(前走JDD5着、伏竜S勝ち)
⑤ジャッカスバーク
(前走古馬1000万2着)
⑦アスカノロマン
(前走古馬1000万勝ち)
⑩ノースショアビーチ
(父キングカメハメハ、前走JDD4着)
⑭スピナッチ
(前走古馬1000万勝ち、伏竜S6着)

この中から、血統、実績ともに合格点が付けられるのが

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧