境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

問われる持続力と持久力

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

札幌11R 札幌記念(芝2000m)

昨年は函館、しかも極悪馬場での施行と完全に参考外。札幌で行われた過去の傾向をベースに今年も考えてみたいと思います。

その一昨年はフミノイマージンに◎。当時の傾向分析は間違っていなかったと思いますので、今年もその傾向をもう一度拾い上げておきたいと思います。

札幌記念のテーマと言えば……


1.長距離GⅠ血統
2.コーナー4つの重賞で好走した実績がある馬



GⅠ級のメンバーが集まるハイレベルな小回り重賞ですから、相当な持続力と持久力が問われます。そのことから、上記したような『長距離性』が問われることになるわけです。

【札幌記念で好走した長距離GⅠ血統保持馬】

12年1着フミノイマージン
(父マンハッタンカフェ、母父ディキシーランドバンド)
12年2着ダークシャドウ
(父ダンスインザダーク)
12年3着ヒルノダムール
(父マンハッタンカフェ)
11年1着トーセンジョーダン
(父ジャングルポケット)
11年2着アクシオン
(母父ディキシーランドバンド)
11年3着レッドディザイア
(父マンハッタンカフェ)
10年1着アーネストリー
(母父トニービン)
10年3着アクシオン
(母父ディキシーランドバンド)
08年1着タスカータソルテ
(父ジャングルポケット)
08年3着フィールドベアー
(母父トニービン)

菊花賞、天皇賞・春の最重要血統であるトニービンの血を筆頭に、長距離GⅠで重要性を増す血統を持った馬が好走していることが分かります。12年の勝ち馬フミノイマージン、そして11年、10年と2年連続して穴を開けたアクシオンの母父ディキシーランドバンドといえば、菊花賞馬デルタブルースの母父ですね。

また、コーナー4つの重賞で好走した経験がある馬というテーマも重要。このレースで要求される持続力、持久力比べに対する適性が既に証明されているという見方が可能です。

【コーナー4つの重賞実績】

12年1着フミノイマージン
(愛知杯1着、マーメイドS1着)
11年1着トーセンジョーダン
(AJCC1着、AR共和国杯1着)
11年2着アクシオン
(中山金杯1着)
10年1着アーネストリー
(中日新聞杯1着)
10年2着ロジユニヴァース
(札幌2歳S1着、弥生賞1着)
09年1着ヤマニンキングリー
(中日新聞杯1着)
08年1着タスカータソルテ
(中京記念1着、京都新聞杯1着)
08年2着マツリダゴッホ
(オールカマー1着、AJCC1着)

以上のテーマから、今年注目すべき穴馬をピックアップします。

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧