境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

米国血統の重要性

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

阪神11R シリウスS(ダ2000m)

このレースのポイントは3点です。

1.父ミスプロ系圧倒的有利

2.全般的に米国血統が強い

3.リピーター性のあるレース

まずは「1.父ミスプロ系圧倒的有利」というポイントについてです。

【シリウスSで好走した父ミスプロ系】

13年2着ナイスミーチュー
(父キングカメハメハ)
13年3着グランドシチー
(父キングカメハメハ)
12年1着ナイスミーチュー
(父キングカメハメハ)
12年2着ヤマニンキングリー
(父アグネスデジタル)
11年1着ヤマニンキングリー
(父アグネスデジタル)
11年2着キングスエンブレム
(父ウォーエンブレム)
11年3着フサイチセブン
(父フサイチペガサス)
10年1着キングスエンブレム
(父ウォーエンブレム)
10年2着ラヴェリータ
(父アンブライドルズソング)
09年3着ゴールデンチケット
(父キングカメハメハ)
08年2着ワンダースピード
(父キンググローリアス)
07年3着ワンダースピード
(父キンググローリアス)

と、このレースが阪神ダ2000mで施行されるようになって以来、毎年1頭は馬券に絡む「父ミスプロ系」。まあ、該当する馬が毎年多く出走しているという事情もあるのですが、実際に来ている以上は無視することはできません。

そのミスプロ系とともに、米国色の強い血統を持った馬も頻繁に来ます。

【シリウスSにおける米国血統の好走例】
13年1着ケイアイレオーネ
(父へニーヒューズ)
12年3着グレープブランデー
(母父ジヤツジアンジエルーチ)
10年3着チョイワルグランパ
(母父プライヴェートアカウント)
09年1着ワンダーアキュート
(父カリズマティック)
07年2着ラッキーブレイク
(母父シアトルスルー)

なにしろ、好走する馬のほとんどがミスプロ系を持っているので(笑)、他系統の数は必然的に少なくなってしまいますが、非ミスプロ系で好走した馬のほとんどは、米国色の強い血統、特にストームキャットやボールドルーラーの血を持っていました。

血統的には、ミスプロ系も含めて「米国的な血」の重要性が高いレースと言えるでしょう。

最後にリピーター性について。これも実際に結果が出ている話なので、軽くは扱えません。

【シリウスSのリピーターホース】
ナイスミーチュー
(12年1着、13年2着)
ヤマニンキングリー
(11年1着、12年2着)
キングスエンブレム
(10年1着、11年2着)
ダークメッセージ
(08年3着、09年2着)
ワンダースピード
(07年3着、08年2着)

リピートはするものの、連覇はできないという点をどう見るかは何とも言えませんが、これだけの馬が2年連続で好走しているわけですから、やはり特殊な適性が要求される条件(=リピーターの温床があるレース)ということは間違いないでしょう。前年好走馬は無闇に軽視しない方が身のためです。

今年、テーマに合致する馬は

①グランドシチー
(父キングカメハメハ、前年3着)
②ヴァンヌーヴォー
(母父ボールドルーラー系)
⑤ケイアイレオーネ
(父へニーヒューズ、前年1着)
⑦トウシンイーグル
(母父シアトルスルー)
⑧ラガートモヒーロ
(父アドマイヤドン)
⑫ジャンナ
(母父ジャイアンツコーズウェイ)

昨年の1、3着馬が全ての要素を満たすことになるわけですが、過去の傾向からケイアイレオーネは着順を落とす可能性が高く、複勝オッズだけ見るとあまり買う価値を感じない存在。グランドシチーは人気次第の面はありますが、高齢馬の斤量増と加点材料が見当たりません。どちらも馬券圏内に突入する可能性はあると思いますが、単複という視点で見るとやや決め手を欠きます。

というわけで、今年は……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧