境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

マイル適性が勝敗を分けるレース

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

東京11R 毎日王冠(芝1800m)

この毎日王冠というレースのポイントは次の通りです。

・マイル適性が重要

・瞬発力型より持続力型のサンデーが来やすい

これです。

【毎日王冠とマイラーまたは隠れマイラー】

13年3着クラレント
(この時点でマイル重賞3勝)

12年1着カレンブラックヒル
(NHKマイルC勝ち)

12年2着ジャスタウェイ
(アーリントンC勝ち)

11年2着リアルインパクト
(安田記念覇者)

10年2着エイシンアポロン
(この後、マイルCS勝ち)

09年1着カンパニー
(この後、マイルCS勝ち)

08年1着スーパーホーネット
(マイルGⅠで再三好走)

06年2着ダンスインザムード
(桜花賞、Vマイル勝ち)

05年2着テレグノシス
(NHKマイル勝ち)

上記の通り、このレースの時点で既にマイル重賞実績があった馬。もしくは、この先にマイルGⅠを勝つような馬が頻繁に好走しています。次に天皇賞を控えていることもあり、ましてや『少し長めの距離に対する適性が重要』という固定観念がいまだに根強い東京コース。どうしても2000mくらいの適性を重視してしまいますが、実際は逆なわけですね。

【持続力サンデーの好走例】

13年2着ジャスタウェイ
(父ハーツクライ)

13年3着クラレント
(父ダンスインザダーク)

12年3着タッチミーノット
(父ダンスインザダーク)

11年1着ダークシャドウ
(父ダンスインザダーク)

10年3着ネヴァブション
(父マーベラスサンデー)

08年3着アドマイヤフジ
(父アドマイヤベガ)

07年1着チョウサン
(父ダンスインザダーク)

特に目立つのはダンスインザダークの好相性ですね。この血統がこれだけ頻繁に来るレースも珍しいと思います。基本的に重賞ではスピードも瞬力も足りないので、3~5着くらいに負けることが多い血統ですが、それがもうワンポジション上げてきます。

その他、マーベラスサンデーやアドマイヤベガといった“B級サンデー”も馬券に絡んでおり、総じて、ディープ、タキオンやフジキセキといった瞬発力型サンデーよりも、持続力を武器にするタイプのサンデーが狙い目になります。そして、そこから派生して、このレースにおける“持続力の重要性”が導かれることになります。非根幹距離らしいポイントと言えるでしょう。

要するに、この毎日王冠における穴馬捕獲テーマを表現すると……

『持続力に秀でた血統を持った、マイル適性の高い(または秘めている)馬』

を狙うということになります。今年のこのレースで候補になる馬は次の通りです。

④ダイワマッジョーレ
(マイル適性、父ダイワメジャー)

⑥サンレイレーザー
(マイル実績、父ラスカルスズカ)

⑫ダークシャドウ
(父ダンスインザダーク、当レース好走)

⑭ロゴタイプ
(父ローエングリン、マイル実績)

今年は……

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧