境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

好相性血統と、出世が遅れた馬

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

東京11R アルゼンチン共和国杯(芝2500m)

毎年書いている(というより、正確に言えば半期に一度)ことですが、春の目黒記念と秋のアルゼンチン共和国杯の2鞍だけ組まれている東京芝2500m重賞。特殊条件ということもあり、この両レースには共通点がいくつか存在します。そして、その共通点がこの条件における適性を計るポイント。当然、買う馬を決める際の重要なファクターになります。

【東京芝2500m重賞のポイント】

・ロベルト系保持馬

・基本的に鈍足血統

・出世が遅れた馬

【東京芝2500m重賞で好走したロベルト系保持馬】

13年目黒記念1着ムスカテール
(父マヤノトップガン)

12年アル共2着ムスカテール
(父マヤノトップガン)

11年アル共3着カワキタコマンド
(母父ナリタブライアン)

11年目黒記念1着キングトップガン
(父マヤノトップガン)

10年アル共3着コスモヘレノス
(父グラスワンダー)

09年アル共2着アーネストリー
(父グラスワンダー)

09年目黒記念3着ハギノジョイフル
(父タニノギムレット)

08年アル共1着スクリーンヒーロー
(父グラスワンダー)

08年目黒記念3着ロックドゥカンブ
(父レッドランサム)

ロベルト系が頻繁に好走することに関しては、やはり2500mという距離が大きいと思います。菊花賞や天皇賞・春でも穴の肝になりやすいロベルト系は、もはや長距離重賞、GⅠの必須血統。その意味で、スタミナの要求値が高いこの条件と相性が良いのでしょう。

【直近の東京芝2500m重賞で好走した人気薄】

14年目黒記念
8人1着マイネルメダリスト
(ステイゴールド×アサティス)

12人2着ラブイズブーシェ
(マンハッタンカフェ×メジロマックイーン)

13年アル共
7人1着アスカクリチャン
(スターリングローズ×ダイナレター)

12年アル共
6人3着マイネルマーク
(ロージズインメイ×サッカーボーイ)

これは、この後に指摘するポイントとも絡むところですが、東京芝2500m重賞においては、2000m前後の条件だと多少スピードが足りないように映る鈍足血統やマイナー血統がパフォーマンスを上げやすくなります。今年の目黒記念も、サンデー系の中では比較的脚の遅いステイゴールドとマンハッタンカフェ産駒が好走しています。

【東京芝2500m重賞の“出世遅れ”タイプの好走例】

14年目黒記念
8人1着マイネルメダリスト
(オープン入り6歳春)

12人2着ラブイズブーシェ
(未勝利戦を勝てず)

13年アル共
7人1着アスカクリチャン

(未勝利勝ちに11戦)

12年アル共
6人3着マイネルマーク
(未勝利勝ちに9戦)

なかなか説明しづらいところもあるのですが、要するに、デビューからポンポンと勝ち上がったような馬よりも、なかなか結果が出せず、条件戦でも取りこぼしていたような馬の方が狙いが立つわけです。

これは、『東京芝2500m重賞において、前走条件馬の好走が多い』というポイントとも繋がります。

【前走条件馬の好走例】

12年2着ムスカテール

12年3着マイネルマーク

11年1着トレイルブレイザー

10年3着コスモヘレノス

09年2着アーネストリー

08年1着スクリーンヒーロー

08年2着ジャガーメイル

なぜ条件上がりが有利なのか?という点については、昨年のコラムを読み返していただければ幸いです。簡単に言ってしまえば、特殊条件ゆえに、一般条件で勝ちあぐねていたような馬(出世が遅れてしまった馬)の方が、適性を隠している可能性が高いということです。

つまりは、「なんだかここまで来るのにモタモタしたなぁ」と思わせるようなキャリアを持った馬が狙い目なのです。

今年は…

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧