境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

ジャパンカップのポイント

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

東京11R ジャパンカップ(GⅠ)(芝2400m)

熾烈な争いが見られそうな激戦。上位各馬の力差はほとんどないと思います。条件に対する適性や、このレースに向けての状態面など、僅かな部分で勝敗が決することでしょう。私は、適性の差がその勝敗を決すると考えていますが。

このジャパンカップで考えられる血統アプローチは以下の通りです。

・東京芝2400mGⅠのサンデー×ダンチヒ系
・トニービン、ノーザンテースト
・ディープインパクト産駒


【東京芝2400mGⅠとサンデー系×ダンチヒ系】

13年JC1着ジェンティルドンナ

13年オークス2着エバーブロッサム

12年JC1着ジェンティルドンナ

12年ダービー2着フェノーメノ

12年オークス1着ジェンティルドンナ

09年ダービー1着ロジユニヴァース

08年JC2着ディープスカイ

08年ダービー1着ディープスカイ

05年ダービー3着シックスセンス


14年も、オークスを勝ったヌーヴォレコルトがサンデー系ハーツクライに、母母父ダンチヒ系チーフズクラウン。ダービーを勝ったワンアンドオンリーがサンデー系ハーツクライに母母父ダンチヒ(3着マイネルフロストもサンデー系ブラックタイドに母母父ダンチヒ系デイジュールでした)。直接的なケースではありませんが、今年もやはりサンデー系とダンチヒ系の絡んだ馬が好走しています。

続いて、ジャパンカップ固有の血統傾向。

【ジャパンカップとトニービン】

13年3着トーセンジョーダン
(父ジャングルポケット)
12年3着ルーラーシップ
(母父トニービン)
11年2着トーセンジョーダン
(父ジャングルポケット)
11年3着ジャガーメイル
(父ジャングルポケット)
09年2着オウケンブルースリ
(父ジャングルポケット)

【ジャパンカップとノーザンテースト】

13年3着トーセンジョーダン
(母父ノーザンテースト)
12年2着オルフェーヴル
(母母父ノーザンテースト)
12年3着ルーラーシップ
(母母父ノーザンテースト)
11年2着トーセンジョーダン
(母父ノーザンテースト)
11年3着ジャガーメイル
(母父ノーザンテースト)
08年1着スクリーンヒーロー
(母母父ノーザンテースト)

これも良く来ますね。天皇賞・秋にも同じ血統傾向があり、一見すると「強い馬がたまたまこの系統に関連していた」という見方ができないことはありませんが、昨年のトーセンジョーダンや08年のスクリーンヒーローなど、人気薄も引っ張り上げていますから、やはりレース固有の血統傾向と見ていいと思います。

最後にディープインパクト産駒。これは何の捻りもないので心苦しいところもありますが、このジャパンカップでは、同産駒がのべ4頭出走して3頭馬券になっています。連覇中のジェンティルドンナは別としても、昨年、デニムアンドルビーが7番人気2着と激走。こういう人気薄を引っ張れるというのは、血統そのものが持つ適性の高さを証明する重要な材料となります。
また、ディープインパクト自身が東京芝2400mでダービー、ジャパンカップとGⅠを2勝していることも、信頼度を高める要因だと思います。東京芝2400mで行われるGⅠにおいては、「ダービーやジャパンカップを現役時代に勝っている馬の産駒」が好走することが多いですからね。ディープ産駒に的を絞って、その中で上げ下げをして買うという作戦もアリだと思います。

最後に、宝塚記念の際にも指摘した『レースパターン』を復習しておきます。

【宝塚記念、秋天、JCのレース上がり、上がり最速時計の比較】
※左側がレース上がり、右側が上がり最速の時計

【JC】
13年 34.1 33.2
12年 34.7 32.7
11年 34.5 33.9
10年 34.4 33.5
09年 35.1 34.1
08年 34.4 33.8
07年 34.3 33.6

【天皇賞・秋】
14年 34.6 33.7
13年 35.3 34.6
12年 36.6 33.1
11年 35.8 33.9
10年 34.9 33.6 稍重
09年 33.7 32.9
08年 35.2 33.5
07年 35.0 34.3

【宝塚記念】
14年 35.6 35.2
13年 38.0 35.2
12年 35.3 34.7
11年 35.2 34.5
10年 36.5 35.8 稍重
09年 35.2 34.3
08年 37.3 36.9 重
07年 36.9 36.2

このことから分かるとおり、古馬3大GⅠの中で最も上がり勝負に対する適性を求められるのがジャパンカップです。とにかく速い上がりが必要、頑張っても34秒台前半程度の脚しか使えないようなタイプは順当に着順を下げると見ておくべきです。

そうなってくると、やっぱりディープインパクトの土壌なのではないか?そう思った今年。これまでサンプルは少ないものの、人気馬、人気薄ともに好走し、密かな適性を感じさせているチャンピオン血統。秋華賞でも似たような感じでキッチリ結果を出しましたね。その反省を踏まえて、今年は『ディープインパクト産駒の上げ下げ』を狙ってみたいと思います。

出走しているディープ産駒は以下の通り

③ジェンティルドンナ
⑥ハープスター
⑧デニムアンドルビー
⑬ディサイファ
⑮スピルバーグ

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧