境和樹の穴馬券ネオメソッド

穴馬券ネオメソッド(予想公開編)

大波乱必至の牝馬重賞、穴のポイントは?

会員登録をすると、血統スナイパー【境和樹】の予想が動画でもご覧頂けます。

【穴馬券ネオメソッド】

中京11R 愛知杯(芝2000m)

新装後、この条件で2回施行されているこのレースですが、まあ荒れます。一昨年が⑦⑩番人気で決着したかと思えば、昨年は⑫⑭番人気で決着。元々荒れる下地がある牝馬限定のハンデ戦ですから、多少無理筋に見える馬でも、強調点が見出せれば積極的に大振りしていいと思います。

この愛知杯のポイントは……

・格下の馬でも平気で馬券になる

・血統的にはサドラーとグレイソヴリン系が重要


冒頭で述べたとおり、過去2回ともに大波乱となっているこのレースですが、連対馬4頭は全て「前走条件戦出走組」でした。ほかに重賞勝ち馬も出走している中で、前走条件組の方が上に来ているわけですから、これは重要なテーマと言えるでしょう。

次に血統的側面からのアプローチ。これに関しては、過去の愛知杯はもちろん、同じく中京芝2000mで行われた金鯱賞、中日新聞杯も含めて検討します。

【中京芝2000m重賞の注目血統】

13年金鯱賞4人気2着サトノノブレス
(母父トニービン)

13年愛知杯14人気2着キャトルフィーユ
(母父テハノラン)

13年愛知杯13人気3着コスモネモシン
(母父シングスピール)

13年金鯱賞6人気2着ラブリーデイ
(母母父トニービン)

13年金鯱賞8人気3着ウインバリアシオン
(父母父トニービン)

13年中日新1人気2着アドマイヤタイシ
(父シングスピール)

12年愛知杯7人気1着エーシンメンフィス
(父メダグリアドーロ)

12年愛知杯10人気2着サンシャイン
(父母父トニービン)

12年金鯱賞4人気3着アドマイヤラクティ
(父母父トニービン)

グレイソヴリン系内包、そしてサドラーズウェルズ。この2本の系統が頻繁に来ていることが分かります。いずれもゴール前の苦しくなったところでひと踏ん張りする『底力』に長けた血統です。馬場質が重たく、直線が長く、そして坂もある中京コース。最後はかなり消耗戦の色合いが濃くなりますから、そこで血統に裏付けされた底力が発揮されるという寸法です。

そう考えると、最初のテーマである『格下の激走』というテーマも説明がつきます。要するに、底力の要求値が低い、言い換えればスピードや軽い瞬発力で勝ち負けが決まってしまうことが多い下級条件のレースで勝ちあぐねていた馬(底力が邪魔してしまっているタイプ)の方が、かえってこの条件で適性ピタリ、パフォーマンスアップの期待値が高まるというわけです。

・大荒れを想定して多少無理筋でも大振りしてみる

・底力に秀でた血統、特にグレイソヴリン系内包馬、サドラーズウェルズ系保持馬

・下級条件でウロウロした経験がある馬


この3つのテーマに沿って狙い馬を選んでみたいと思います。

⑩シャトーブランシュ

⑭イリュミナンス

⑱フレイムコード


今年の大穴候補として以上の3頭に絞りました。そして、この中からピックアップしたい1頭は…

続きは会員登録のあと!!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)

境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

うまスクエアを友達に紹介する

注目サイト

境和樹 Twitter

ギャンブル宝典12月号(11月19日発売!!)

コンテンツ一覧